千葉ロッテが台湾ラミゴと初の本拠地交流戦を開催 井口監督「楽しんでもらいたい」

2018-12-17 17:58 「Full-Count」編集部
千葉ロッテVSLamigoの交流試合が来年3月に開催されると発表された※写真提供:Full-Count(画像提供:千葉ロッテマリーンズ)

千葉ロッテVSLamigoの交流試合が来年3月に開催されると発表された※写真提供:Full-Count(画像提供:千葉ロッテマリーンズ)

千葉ロッテが本拠地で海外のチームと試合をするのは初めて

 千葉ロッテは17日、CPBL(中華職業棒球大聯盟)のラミゴモンキーズとの交流試合を来年3月14、15日にZOZOマリンスタジアムにて「Power Series 2019 in CHIBA」として行うことを発表した。

 これまで千葉ロッテはラミゴと台湾、沖縄・石垣で交流試合を行っていたが本拠地で開催するのは初めてとなった。チームが本拠地で海外のチームと試合を行うのは球団初となる。ラミゴとの通算成績は7勝5敗。

 山室晋也球団社長は球団を通じ「Lamigoモンキーズとの交流試合をZOZOマリンスタジアムでも行えることを大変うれしく思っています。ファンの皆さんによる応援合戦やパフォーマーの技の魅せ合い、熱気溢れる雰囲気は両チームのシーズンスタートに勢いを与えてくれます。来年も多くの方々に交流試合を盛り上げて頂き、また球場だけではなく、地元千葉市の魅力に触れて頂けたら思っています。皆様のお越しを心よりお待ちしております」とコメント。

 井口監督も「2019年シーズンを前に、Lamigoモンキーズとの交流試合を行えることをうれしく思います。海外のチームとの対戦は日本のプロ野球チームとの対戦とは違う独特の雰囲気があります。地元千葉のファンの皆様にもぜひ応援にお越しいただき、楽しんでもらいたいと思いますので、是非ZOZOマリンスタジアムにお越しください」とコメントを発表した。

(Full-Count編集部)