大谷翔平、2年ぶり2度目の日本プロスポーツ大賞受賞「何度でも受賞できるよう」

2018-12-20 19:03 「Full-Count」篠崎有理枝
日本プロスポーツ大賞を受賞し、トロフィーを受け取ったエンゼルス・大谷翔平※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

日本プロスポーツ大賞を受賞し、トロフィーを受け取ったエンゼルス・大谷翔平※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

「皆さんの支えがあって1年間野球を楽しむことができました」

 今季MLB挑戦1年目でア・リーグ新人王に輝いた大谷翔平投手が20日、公益財団法人日本プロスポーツ協会が制定する日本プロスポーツ大賞の大賞を受賞した。2016年の初受賞以来、2年ぶり2度目の受賞となった。

 今季、“二刀流”で米球界に旋風を巻き起こした大谷。投手としては10試合に登板して4勝2敗、防御率3.31、打者としては104試合に出場して326打数93安打22本塁打61打点、打率.285と大活躍。ベーブ・ルース以来の二刀流として、ア・リーグ新人王にも輝いた。

 この日の受賞式に出席した大谷は、壇上で表彰を受けると「数あるプロスポーツの競技選手の中から、このような賞を受賞できたことをうれしく思います。今年1年いろいろありましたが、お世話になった球団関係者、昨年までお世話になったNPB関係者、応援してくれたファンの皆様に感謝しています。キャンプの結果の出ない時期、怪我の時期、いろいろありましたけど、皆さんの支えがあって1年間野球を楽しむことができました。数多くの選手の方の刺激を受けて野球を楽しむことができました。会場にご出席の選手の皆様の活躍が刺激になりました。2016年もこの賞をいただきましたが、来年、再来年と何度でも受賞できるように頑張っていきたいと思います」と喜びを語った。

(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)