人的補償で埼玉西武移籍の内海が入団会見「ライオンズの一員として戦う」背番号は「27」に

2018-12-21 11:04 「Full-Count」岩国誠
埼玉西武入団会見に臨んだ内海哲也※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

埼玉西武入団会見に臨んだ内海哲也※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

古巣巨人への思い終われ「数々の経験をさせていただいた」

 埼玉西武への移籍が決まった内海哲也投手が21日、所沢市内の球団事務所で入団会見を行なった。埼玉西武からFA権を行使して巨人へと移籍した炭谷銀仁朗捕手の人的補償となった内海。新天地で迎える来季に向け「来シーズンより埼玉西武ライオンズさんにお世話になります。内海です。よろしくお願いします。ライオンズの一員として戦うんだなという気持ちになりました」と語った。背番号は「27」に決まった。

 移籍が決まって、わずか1日足らずでの入団会見。古巣での思いを問われた内海は「数々の経験をさせていただいた。それを生かせるように頑張りたいと思います。みんな驚いていますけど、1日が経って前向きな気持ちになっています」と語った。

 敦賀気比高から東京ガスを経て、2003年に自由獲得枠で巨人に入団した内海。2年目から先発ローテの座を掴むと、左のエースとして7度の2桁勝利をマークし、2011年と2012年には最多勝のタイトルを獲得した。6度のリーグ優勝、2度の日本一に大きく貢献した。ここ5年は2桁勝利から遠ざかっていたものの、15年わたり、巨人を支えてきた生え抜きの功労者だった。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)