鷹・甲斐はアップ提示も保留「ワガママを言える立場ではない。1度整理したい」

2018-12-21 15:27 「Full-Count」福谷佑介
契約更改に臨んだ福岡ソフトバンク・甲斐拓也※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

契約更改に臨んだ福岡ソフトバンク・甲斐拓也※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

日本シリーズでは6連続盗塁阻止でMVPを獲得

 福岡ソフトバンクの甲斐拓也捕手が21日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今季の年俸4000万円から1500万円増の5500万円の提示を保留した。交渉終了後に「多少の差はあったというか。球団の方からも評価してもらえましたし、いい言葉をもらって嬉しかったですけど、今日は考えたいなと思いました」と語った(金額は推定)。

 日本シリーズでの6連続盗塁阻止で、一躍“甲斐キャノン”として脚光を浴びることになった甲斐。シーズンではキャリア最多となる133試合に出場した。打率.213と打撃面では低調だったものの、両リーグで唯一の盗塁阻止率4割超えとなる.447を記録するなど、守備面で大きくチームに貢献。2年連続のゴールデングラブ賞に輝き、扇の要へと成長を遂げた。

 大幅アップも期待されたが、提示は希望額には届かなかった模様で「球団の方が評価してくれている気持ちも素直に嬉しかった。言いたいことも言えました。とてもじゃないけど、数字は納得できるものではない。ワガママが言える立場ではないのは分かっている。1回整理したかった」と話していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)