巨人は大型補強も内海流出、鷹は補強ゼロで終了? 12球団補強の進捗は…

2018-12-26 10:00 「Full-Count」編集部
人的補償で埼玉西武へ移籍した内海哲也※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

人的補償で埼玉西武へ移籍した内海哲也※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

FA選手の補償も、広島から巨人に移籍した丸の補償を残すのみ

 2018年も残り1週間を切り、いよいよ2019年も目前に迫ってきた。平成最後のプロ野球界は、広島がセ・リーグ3連覇を果たし、パ・リーグは10年ぶりに埼玉西武が制覇。だが、福岡ソフトバンクがクライマックスシリーズ、日本シリーズと勝ち上がり、2年連続で日本一の座に立った。

 シーズンオフに入り、各球団は来季に向けての戦力編成を着々と進めている。FA市場では丸佳浩外野手と炭谷銀仁朗捕手が巨人へ、浅村栄斗内野手が東北楽天へ、西勇輝投手が阪神へと移籍が決まった。炭谷の人的補償として巨人の生え抜きだった内海哲也投手が埼玉西武、西の人的補償として竹安大知投手がオリックスへと、それぞれ移籍。浅村の補償は金銭となり、残るは広島から巨人へ移籍した丸の補償だけとなっている。

 各球団から続々と発表されている来季の戦力補強。まだ動きが伝えられているところもあるが、現時点で12球団の補強の進捗具合はどうなっているのだろうか。ドラフトで指名されたルーキーたちを除き、各球団が発表した補強は以下の通りとなっている。

◯セ・リーグ
【広島】
カイル・レグナルト投手(メッツ傘下)
菊池保則投手(東北楽天からトレード)
ケーシー・ローレンス投手(マリナーズ)

【東京ヤクルト】
寺原隼人投手(福岡ソフトバンク戦力外)
スコット・マクガフ投手(ロッキーズ傘下)
アルバート・スアレス投手(ダイヤモンドバックス傘下)
高梨裕稔投手(北海道日本ハムからトレード)
太田賢吾内野手(北海道日本ハムからトレード)

【巨人】
丸佳浩外野手(広島からFA)
炭谷銀仁朗捕手(埼玉西武からFA)
中島宏之内野手(オリックス自由契約)
岩隈久志投手(マリナーズ退団)
クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(パドレス)
イスラエル・モタ外野手(育成、元ナショナルズ傘下)
レイミン・ラモス投手(育成、レイズ傘下)
山下亜文投手(育成、福岡ソフトバンク戦力外)
上原浩治投手(自由契約→再契約)

【横浜DeNA】
中井大介内野手(巨人戦力外)
古村徹投手(BC富山)

【中日】
エンニー・ロメロ投手(ロイヤルズ)
渡辺勝外野手(育成→支配下)

【阪神】
西勇輝投手(オリックスからFA)
ピアース・ジョンソン投手(ジャイアンツ)
オネルキ・ガルシア投手(中日から自由契約)

 巨人は12球団で最多となる9選手を補強。FA市場で丸と炭谷のW獲りに成功し、パドレスで今季メジャー20本塁打を放ったビヤヌエバやマリナーズを退団した岩隈、オリックスから自由契約となった中島も獲得。オフに自由契約となっていた上原浩治投手とも再契約を結び、ドミニカ出身のモタ、ラモスとは育成契約を締結している。ただ炭谷の人的補償として生え抜きの功労者である内海が埼玉西武へ移ることになった。

 セ・リーグで巨人に次ぐ5選手を補強しているのは東京ヤクルト。12月上旬の段階では、福岡ソフトバンクを戦力外となった寺原隼人だけだったが、そこから北海道日本ハムとのトレードを敢行。高梨裕稔と太田賢吾を獲得すると、クリスマスの25日にはマクガフとスアレスの外国人2人との契約を発表した。さらには、福岡ソフトバンクを戦力外となった五十嵐亮太に触手を伸ばしているとも報じられている。

阪神は西、ジョンソン、ガルシアが加入し、マルテ獲得も目前

 セ・リーグ3連覇中の広島はレグナルト、ローレンスの2人の投手と、東北楽天からトレードで加入した菊池保則の3選手が加入。横浜DeNAは巨人を戦力外となった中井大介と2014年に戦力外となり再契約した古村徹、中日も新助っ人左腕のロメロと育成から支配下に昇格した渡辺勝の2人だけにとどまっている。

 阪神はFAで西勇輝を獲得し、ジャイアンツからジョンソンが加入。さらに、中日で今季13勝をマークしながら、残留交渉が破談となったガルシアを迎え入れることに成功。現時点で補強は投手のみ。課題とされる打者の補強はまだ発表されていないものの、エンゼルスのマルテの加入が目前に迫っているとされている。

◯パ・リーグ
【埼玉西武】
ザック・ニール投手(ドジャース)
廖任磊投手(巨人戦力外)
内海哲也投手(FA人的補償)
高木渉外野手(育成→支配下)

【福岡ソフトバンク】
なし

【北海道日本ハム】
金子弌大投手(オリックス自由契約)
ジャスティン・ハンコック投手(カブス)
王柏融外野手(台湾ラミゴ)
秋吉亮投手(東京ヤクルトからトレード)
谷内亮太内野手(東京ヤクルトからトレード)
ジョニー・バーベイト投手(タイガース)

【オリックス】
ジョーイ・メネセス内野手(フィリーズ傘下)
竹安大知投手(FA人的補償)

【千葉ロッテ】
ケニス・バルガス内野手(ツインズ傘下)
細川亨捕手(東北楽天戦力外)

【東北楽天】
橋本到外野手(巨人からトレード)
浅村栄斗内野手(埼玉西武からFA)
福井優也投手(広島からトレード)
アラン・ブセニッツ投手(ツインズ)
ジャバリ・ブラッシュ外野手(エンゼルス)
由規投手(育成、東京ヤクルト戦力外)

 パ・リーグでは北海道日本ハムと東北楽天がともに6選手をチームに加え、このオフ、積極的な動きを見せた。北海道日本ハムはオリックスから自由契約となった金子弌大が入団し、新助っ人としてハンコック、バーベイトの2投手と、台湾で2度の3冠王に輝いた王柏融を獲得。さらにはトレードで、東京ヤクルトから秋吉亮と谷内亮太をチームに加えた。

 東北楽天はFAで浅村栄斗を加え、ブセニッツとブラッシュの新助っ人2人も獲得。トレードで橋本到、福井優也も加入し、新たに就任した石井一久GMが活発な動きを見せた。浅村、炭谷が流出した埼玉西武は、炭谷の人的補償でベテランの内海を獲得。驚きを与えた移籍となったが、埼玉西武にとって手薄な即戦力先発左腕を補うことに成功した。新外国人のニールと、巨人を戦力外となった廖任磊と、ここまで補強は3人となっている。

 オリックスと千葉ロッテはここまで若干少ない2選手の補強にとどまっている。オリックスはメネセスと西の人的補償の竹安、千葉ロッテはバルガスと東北楽天を戦力外となった細川が加入。ただ、昨季下位に沈んだ2球団だけに、仮にこれで補強終了となると、やや物足りないか。

 FA市場で浅村と西を逃した福岡ソフトバンクは、いまだに補強無し。12球団でも屈指の戦力層を誇り、外国人も再契約を結ぶ見込みのグラシアルを含めて7選手が在籍している。このまま補強ゼロのままで終える可能性も十分にあり得そうだ。

(Full-Count編集部)