【女子プロ野球】ランチタイムに黙々とティー打撃… 埼玉西武秋山の姿に感激「人間性も世界レベル」

2019-01-10 18:02 「Full-Count」編集部
愛知ディオーネ・三浦由美子(左)、埼玉西武・秋山翔吾※写真提供:Full-Count(写真提供:日本女子プロ野球リーグ、荒川祐史)

愛知ディオーネ・三浦由美子(左)、埼玉西武・秋山翔吾※写真提供:Full-Count(写真提供:日本女子プロ野球リーグ、荒川祐史)

三浦らがシーズン216安打男から打撃指導「お昼タイム、私達につきっきりで…」

 女子プロ野球の愛知ディオーネでキャプテンを務める三浦由美子が10日、自身のツイッターを更新。9日から2日連続で合同自主トレを行っている埼玉西武・秋山翔吾外野手について、「人間性も世界レベル」と絶賛した。

 三浦は9日から「美人すぎるプロ野球選手」として話題の埼玉アストライア・加藤優外野手、埼玉アストライアのキャプテン、佐藤千尋外野手らと共に、埼玉西武・秋山らの自主トレに参戦。15年に日本歴代トップの216安打を記録した秋山から打撃技術を学ぶ絶好の機会。10日に女子プロ野球の選手たちは秋山からみっちり指導を受けたようだ。

 三浦は「お昼タイム、私達につきっきりで教えて下さった後おにぎりを食べている横で黙々と打っています!」とツイッターで右手一本で置きティーする秋山の動画を公開。続けて「人間性も世界レベルなんです」とストイックで心優しい安打製造機の人間性を大絶賛している。

 このツイッターには100件近いリツイート、400に迫る「いいね」が付く人気の投稿になっている。