埼玉西武のドラフト指名選手一挙振り返り

2017-10-24 17:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として埼玉西武のドラフトを振り返っていきたい。現在、主力として活躍している選手が、何年に埼玉西武の一員になったのだろうか。

【2007年】
大学・社会人
1位:平野将光(投手・JR東日本東北)
2位:藤原良平(投手・第一工大)
高校生
4位:武隈祥太(投手・旭川工高)
5位:梅田尚通(内野手・鯖江高)
6位:中田祥多(捕手・鳴門工高)
7位:斉藤彰吾(外野手・春日部共栄高)

プロ10年目を迎えた武隈投手は、今季も58試合に登板。

【2008年】
1位:中崎雄太(投手・日南学園高)
2位:野上亮磨(投手・日産自動車)
3位:浅村栄斗(内野手・大阪桐蔭高)
4位:坂田遼(外野手・函館大)
5位:岳野竜也(捕手・福岡大)
6位:宮田和希(投手・甲賀健康医療専門学校)

野上投手は今季、4年ぶりの2桁勝利を達成。浅村選手は待望の背番号3を背負うと同時に新キャプテンにも就任し、頼れるチームリーダーとして大きく成長した。

【2009年】
1位:菊池雄星(投手・花巻東高)
2位:美沢将(内野手・第一工大)
3位:岩尾利弘(投手・別府大)
4位:石川貢(外野手・東邦高)
5位:松下健太(投手・早大)
6位:岡本洋介(投手・ヤマハ)

菊池投手は今季、チームの絶対的エースに成長。自身初タイトルとなる最多勝と最優秀防御率を獲得した。

【2010年】
1位:大石達也(投手・早大)
2位:牧田和久(投手・日本通運)
3位:秋山翔吾(外野手・八戸大)
4位:前川恭兵(投手・阪南大高)
5位:林崎遼(内野手・東洋大)
6位:熊代聖人(外野手・王子製紙)

大石投手は今季後半から故障で離脱したものの、20試合に登板して防御率0.93。牧田投手は自身最多の58試合に登板し、防御率2.30と変わらぬ安定感を見せた。秋山選手は打率.322、185安打で首位打者・最多安打の2冠を獲得。自己最多の25本塁打も記録している。

【2011年】
1位:十亀剣(投手・JR東日本)
2位:小石博孝(投手・NTT東日本)
3位:駒月仁人(捕手・塔南高)
4位:永江恭平(内野手・海星高)
5位:田代将太郎(外野手・八戸大)
育成1巡目:藤澤亨明(捕手・松本大)

十亀投手は今季8勝7敗。惜しくも自身2度目となる2桁勝利には届かなかったが、安定した投球でチームの躍進を支えた。

【2012年】
1位:増田達至(投手・NTT西日本)
2位:相内誠(投手・千葉国際高)
3位:金子侑司(内野手・立命館大)
4位:高橋朋己(投手・西濃運輸)
5位:佐藤勇(投手・光南高)
育成1巡目:水口大地(内野手・香川オリーブガイナーズ)

守護神・増田投手は、今季自身最多タイとなる28セーブを記録。昨季盗塁王に輝いた金子侑選手も、打線に欠かせない機動力として存在感を示した。かつての守護神・高橋朋投手も大手術を経てついに一軍復帰を果たす。

【2013年】
1位:森友哉(捕手・大阪桐蔭高)
2位:山川穂高(内野手・富士大)
3位:豊田拓矢(投手・TDK)
4位:金子一輝(内野手・日大藤沢)
5位:山口嵩之(投手・トヨタ自動車東日本)
6位:岡田雅利(捕手・大阪ガス)
7位:福倉健太郎(投手・第一工大)

森選手は今季開幕前の怪我で出遅れたものの、一軍復帰後は38試合で打率.339とその天性の打撃センスを遺憾なく発揮。森選手の大阪桐蔭高校の先輩、岡田選手も今季は出場機会が増加した。山川選手はついにその才能を開花させ、大ブレイクを果たす。強力埼玉西武打線の4番として、更なる飛躍が期待される。

【2014年】
1位:高橋光成(投手・前橋育英高)
2位:佐野泰雄(投手・平成国際大)
3位:外崎修汰(内野手・富士大)
4位:玉村祐典(投手・敦賀気比高)
5位:山田遥楓(内野手・佐賀工高)
育成1巡目:戸川大輔(外野手・北海高)

外崎選手は自己最多の10本塁打と23盗塁を記録し、強力打線の一角を担った。

【2015年】
1位:多和田真三郎(投手・富士大)
2位:川越誠司(投手・北海学園大)
3位:野田昇吾(投手・西濃運輸)
4位:大滝愛斗(外野手・花咲徳栄高)
5位:南川忠亮(投手・JR四国)
6位:本田圭佑(投手・東北学院大)
7位:呉念庭(内野手・第一工大)
8位:國場翼(投手・第一工大)
9位:藤田航生(投手・弘前工)
10位:松本直晃(投手・香川オリーブガイナーズ)

多和田投手は今季2試合連続の完封勝利を挙げる。野田投手は38試合に登板して防御率1.98と、抜群の安定感でチームのブルペンを支えた。

【2016年】
1位:今井達也(投手・作新学院高)
2位:中塚駿太(投手・白鴎大)
3位:源田壮亮(内野手・トヨタ自動車)
4位:鈴木将平(外野手・静岡高)
5位:平井克典(投手・ホンダ鈴鹿)
6位:田村伊知郎(投手・立大)

源田選手は正遊撃手の座を手にし、2リーグ制導入後のルーキーとしては56年ぶり4人目のフルイニング出場を果たす。新人歴代単独3位となる155安打も記録し、球史にその名を刻んだ。平井投手も42試合に登板し、防御率2.40。チームのピンチを何度も救った。

以上、埼玉西武の過去10年のドラフトを振り返った。埼玉西武は和製大砲の育成に定評があるが、近年は中継ぎ陣も充実の陣容。2017年は「炎獅子ユニホーム」に象徴される爆発力で快進撃を果たした。来季は投打を噛み合わせて、Aクラス、さらには優勝を狙いたい。