千葉ロッテが元横浜DeNA左腕ブランドンの獲得発表「日本に戻ることがずっと夢だった」

2019-01-14 10:34 「Full-Count」編集部
昨季レンジャーズでMLBデビューを果たしたブランドン・マン※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

昨季レンジャーズでMLBデビューを果たしたブランドン・マン※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

7年ぶりに日本復帰、昨季はレンジャーズでメジャーデビューを果たす

 千葉ロッテは14日、新外国人投手としてブランドン・マン投手の入団が決まったと発表した。ブランドンは2011、12年と横浜、横浜DeNAに所属し、昨季はレンジャーズでメジャーデビューを果たしていた。

 ブランドンは2010年オフに横浜にテスト入団。11、12年の2年間で28試合に登板し3勝9敗、防御率4.27の成績を残していた。退団後はBCリーグ信濃でプレーするなど日本球界復帰を目指していた。昨季はレンジャーズに所属し、5月にはメジャーデビューを果たしている。

 ブランドンは球団を通じて「日本に戻ることができて夢みたいだ。とても興奮している。日本に戻ることがずっと夢だったんだ。マリーンズでプレーできることが本当に楽しみで、チャンスをもらえたことに深く感謝をしている。絶対に千葉に優勝をお届けしたいと思っている。チャンピオンになるため精一杯、頑張るよ」とコメントしている。

(Full-Count編集部)