あなたになりたい? 好き? 積年の思いも…パのルーキーが「憧れる選手」ランキング

2019-01-15 11:00 「パ・リーグ インサイト」馬塲呉葉

【ルーキーが選ぶベスト5】憧れ・目標としているパ・リーグの選手 2019/1/15

 今年も多くのルーキーが、プロの世界へ飛び込む。テレビの向こうの存在だったプロ選手と同じ舞台に上がることに、まだ実感が湧かない選手も多いかもしれない。これからは彼ら自身が「テレビの中のプロ野球選手」となるわけだが、それでも今は誰かに「憧れられる」よりも誰かに「憧れる」気持ちの方がよほど鮮明だろう。

 では、彼らが野球少年と同じ心で憧れ、近づきたいと望むプロ野球選手は誰なのか? パ・リーグの2019年度新入団選手のうち支配下37選手に「パで憧れ、目標としている選手」を聞き、ランキングをつけてみた。

チームを引っ張る“主将”への憧れの声

 まず第5位は、「右の長距離砲として打線の中心を打ち、チームを引っ張るような選手になりたいから」(北海道日本ハム2位指名・野村佑希選手)、「チームのリーダーで、中学時代から憧れた高校の先輩」(同5位指名・柿木蓮投手)と、同じチームの後輩から票を集めた中田翔選手だ。キャプテンとしてグラウンド内外でチームをけん引する姿が、彼らの印象に残っているようだった。

 第4位は、今オフ、埼玉西武から東北楽天に移籍した打点王。オリックス1位指名・太田椋選手は「浅村栄斗選手のような魅力的なフルスイングが目標」、同7位指名・中川圭太選手は、「浅村さんのような勝負強い打者になりたい」と回答。2013年と18年に2度打点王に輝いたクラッチヒッターぶりが支持を得た。

人柄も人気 日本球界を代表するスラッガー

 第3位につけたのは、福岡ソフトバンク・柳田悠岐選手だ。千葉ロッテ1位指名・藤原恭大選手は、柳田選手に憧れる理由に「トリプルスリーを達成した」ことを挙げる。「力強いスイングやフルスイングは自分の特徴でもある」ため、理想の選手像として柳田選手はうってつけだったのだろう。

 他に柳田選手に投票したのは、同じ福岡ソフトバンクのルーキーだ。3位指名・野村大樹選手は「あんなに振ってどうしたらあんなに高打率を出せるのか伺ってみたい」、5位指名・水谷瞬選手は「明るい性格も憧れ。あんな選手になりたい」と目を輝かせていた。

上位2投手は同じチームのダブルエース

 第2位は、「フォームで参考にしている部分もある。伸びのあるストレートや、三振を取りたいところで取れる(能力)」(埼玉西武1位指名・松本航投手)、「ストレートで勝負している限りは、僕も三振が取れるようになりたい」(オリックス4位指名・富山凌雅投手)と、特徴的な投球スタイルが尊敬の念を集めた東北楽天・則本昂大投手だ。

 そして、則本投手と同じく東北楽天の岸孝之投手が、栄えある第1位に。福岡ソフトバンク4位指名・板東湧梧投手は「コントロールと美しいフォームが素晴らしい」と、岸投手の魅力を語った。