「藤岡に負けているつもりはない」 千葉ロッテ・三木選手が浦和中心に自主トレを行うワケ

2019-01-15 20:00 「パ・リーグインサイト」岩下雄太
【撮影:岩下雄太】

【撮影:岩下雄太】

今オフもロッテ浦和球場を中心に自主トレ

 コアな千葉ロッテファンは、新人合同自主トレが行われているロッテ浦和球場で、三木亮選手が練習している姿を、毎年目にしているのではないだろうか。

 本人に直接聞いてみると、「1年目はケガとかがあって、手術明けでもあったので、トレーナーの人と一緒にこっちで練習をやっていた。そんなに不自由になることがなかった。ここの環境が一番練習できると思っています。マシンはありますし、土のグラウンドでノックも受けられます。ランニングも問題なくこなせます」と答えがあった。普段から使い慣れ、練習設備が整った場所で、次のシーズンに向けた準備をするのが“三木流”だ。

 選手たちの多くがケガを恐れて、温暖な地域を選んで自主トレを行っているが、三木選手は独自の発想を持つ。「(これまで)石垣に乗り込んだときに、体の動きが悪いとか感じたことがないです。(石垣は)関東より絶対に暖かい。寒いところから暖かいところにいったら体が動きます」。

 三木選手は、他球団の選手と練習することについても「自分のタイプとかもあると思いますし、秋のキャンプでコーチと相談しながらやっているので、自分のやりたいことが明確になっている。一人でやった方がストレスなく、自分のやりたいことができる」そうだ。

レギュラー奪取へ闘志メラメラ

 自主トレが終われば、2月1日のキャンプインから本格的な競争が始まる。

「2月1日から紅白戦というのは、チャンスでもあると思う。そこで結果が出れば、見方も変わってくる」。

 一昨年つかみかけたショートのポジションだったが、昨年はルーキーだった藤岡裕大選手に奪われた形になった。

 そのためショートでのスタメンは、2017年の62試合から昨年は3試合に減少。それでも、要所で存在感を見せた。9月7日の埼玉西武戦では、打撃不振の藤岡選手に代わり「7番・ショート」でスタメン出場。1打席目に、菊池雄星投手からしぶとくライト前ヒットを放ち、アピールした。

 しかし、翌日のスタメンに「三木亮」の名はなかった。

「どうしたら出続けられるのかなという葛藤はありましたけど、ベンチにこういう選手がいないと、チームは成り立たない部分もある。与えられた立場で腐らずやっていくしかない。そういう態度を出していても、自分のためにはならないですからね」。

 たとえスタメンでの出場が少なくても、本塁打を放った選手とともにカメラに向かって“ドヤ顔”パフォーマンスを行うなど、悔しい思いを一切見せることなく、チームを盛り上げた。その分、2019年に懸ける想いは誰よりも強い。

「去年藤岡がずっと出ていましたけど、負けているとは思わない。試合に出してもらうためには、2月1日からの実戦である程度、内容のある、なおかつ結果が出て……というのが一番ですよね」。

 ショートの守備力、ここぞの場面で一発でバントを決める小技の巧さは誰もが認めるところ。自らの手で、もう一度ポジションを奪ってみせる。