藤原&安田のドラ1コンビ抜擢は? 助っ人2人鍵握る…12球団オーダー予想【千葉ロッテ編】

2019-01-20 17:51 「Full-Count」編集部
千葉ロッテ・安田尚憲(左)、藤原恭大※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

千葉ロッテ・安田尚憲(左)、藤原恭大※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

バルガスとレアードは5、6番か、角中を挟んだ5番、7番が理想的か

 2019年の幕が開け、早くも2週間が経過した。プロ野球界は各地で選手たちが行っている自主トレの模様が話題となり、ファンも2月1日のキャンプインが待ち切れなくなっているのではないだろうか。

 1月も半ばとなり、シーズンに向けて各球団の戦力編成も佳境に入っている。新戦力や新助っ人の加入が続々と発表となり、チームの編成も固まってきた。キャンプインを2週間後に控えたタイミングで、現状で12球団の基本オーダーを予想してみよう。

 今回は昨季パ・リーグで5位に終わった千葉ロッテだ。

1 中 荻野貴司
2 遊 藤岡裕大
3 二 中村奨吾
4 一 井上晴哉
5 指 バルガス
6 三 レアード
7 左 角中勝也
8 捕 田村龍弘
9 右 平沢大河

 ドラフトで3球団競合の末に藤原恭大外野手を引き当てた千葉ロッテ。さらには、プエルトリコのウインターリーグでMVPに輝いたケニス・バルガス、昨季までの4年間北海道日本ハムで131本塁打を放ったブランドン・レアードを補強し、課題とされた長打力をチームに加えた。

 予想されうる基本オーダーで、リードオフマンは荻野貴が濃厚。昨季も打率.287と上々の成績を残しながらも、故障離脱。78試合の出場にとどまり、荻野貴の離脱後はチームの成績は下降線を描いた。まず、核弾頭として荻野貴が1年を通じて活躍して欲しいところだ。

 4番の井上までを既存のオーダーで固め、5番、6番にバルガスとレアード、または間に角中を挟んだ5番バルガス、6番角中、7番レアードのジグザグにする形が理想的か。この助っ人2人の働きが、今季の千葉ロッテの浮沈の鍵を握りそうだ。二塁、三塁、遊撃をユーティリティーにこなすことができる鈴木大地もおり、起用の幅は広がった。

 右翼には昨季頭角を現した平沢が入ることが濃厚だが、ドラフト1位ルーキーの藤原恭大の大抜擢も期待したいところ。インフルエンザで離脱して出遅れてしまったが、期待値は高い。レアードと同じ三塁では、2年目の安田尚憲も楽しみな存在。藤原と安田の2人がレギュラー争いに割って入るようになれば、面白くなるだろう。

(Full-Count編集部)