ルーキーの「挨拶回り」に注目! パ・リーグの先輩・後輩相関図

2019-02-01 11:00 菊地高弘
グラフィック制作:出内テツオ 監修:菊地高弘

グラフィック制作:出内テツオ 監修:菊地高弘

 野球人にとっての「正月」と言えば、2月1日のプロ野球キャンプイン当日。野球ファン界隈では、年が明けてひと月が経とうというのに「あけましておめでとうございます!」という挨拶が飛び交う。

 プロへの扉を開いた選手にとっても、キャンプインは野球人生を懸けた戦いが始まると同時に、関係者への挨拶回りに追われる時期でもある。そこで、まことにお節介ながらパ・リーグの新人選手に向けて「リーグ内のこの人には……」という人物をピックアップした。

名門校出身者は大忙し 高校編

 今や高校球界の横綱といえば、文句なしに大阪桐蔭である。今年は4選手をプロに送り込んでおり、パ球団には快足猛肩外野手の藤原恭大選手(千葉ロッテ1位)、力強さとクレバーさを併せ持つ柿木蓮投手(北海道日本ハム5位)の2人が入団した。

 大阪桐蔭人脈はパ・リーグだけでも総勢13人と猛烈な勢力拡大を見せているだけに、挨拶に回る人物も増えてくる。まずはチーム内の先輩を回り、その後は他球団とのオープン戦などで顔を合わせる流れだ。

 とくに柿木投手にとって、日本を代表するスラッガーとなった中田翔選手は憧れの選手である。さらに高校時代の2学年先輩でもある高山優希投手もいる。チームの顔である中田選手と間近でプレーするためにも、早く一軍に昇格したい。また、高校時代からフォームが激変した高山投手を見て、独特なリズム感に面食らうかもしれない。

 藤原選手と柿木投手が一軍に食い込めれば、埼玉西武のおかわり君・中村剛也選手、小さな大打者・森友哉選手、貴重な捕手・岡田雅利選手、さらに埼玉西武から東北楽天にFA移籍した浅村栄斗選手へも顔を見せに行ったほうがよさそうだ。

勢力を伸ばす「東の雄」 うれしい再会も

 西の名門が大阪桐蔭なら、東は横浜と花咲徳栄が双璧である。横浜からはロマンの塊である万波中正選手(北海道日本ハム4位)、明治大を経て努力でプロ入りを勝ち取った渡邊佳明選手(東北楽天6位)が入団する。

 万波選手のチームメイトには球界随一の安打製造機・近藤健介選手、レギュラー候補の淺間大基選手、右の強打者・高濱祐仁選手がいるのが心強い。福岡ソフトバンクの元気印・増田珠選手は1学年上、東北楽天の逸材右腕・藤平尚真投手は2学年上と、同じ釜の飯を食べた年の近い先輩もいる。

 渡邊選手にとっては同期の淺間選手、高濱選手、後輩の藤平投手、増田選手、万波選手が各球団に散らばる、やりやすい環境。さらに涌井秀章投手(千葉ロッテ)ら年の離れた大先輩には、祖父・元智さん(前横浜監督)の近況という絶対的なトークテーマがある。

 近年、コンスタントにプロを輩出しているのは花咲徳栄である。今年は打球に角度があるスラッガー・野村佑希選手(北海道日本ハム2位)がプロに進んだ。埼玉西武には1学年上で打撃論を交わした西川愛也選手と、その西川選手の中学からの先輩である愛斗選手の「愛コンビ」がいる。親しみやすい先輩だけに、挨拶も億劫ではないだろう。

 だが、選手だけに気を取られて思わぬ罠にはまる危険もある。千葉ロッテの根元俊一一軍内野守備コーチのように、首脳陣にもOBがいることをお忘れなく。

 意外性があるのは、北海道の雄・北海出身者がパ・リーグに5人もいること。新入団者は富士大の勝負強い右打者・佐藤龍世選手(埼玉西武7位)に、身長198センチの超大型右腕の大窪士夢投手(埼玉西武育成2位)の2人。といっても、北海道日本ハムの中継ぎ右腕・鍵谷陽平投手以外は埼玉西武所属。埼玉西武では、人数だけなら大阪桐蔭以上に“北海派閥”が幅を利かせている。