ルーキーの「挨拶回り」に注目! パ・リーグの先輩・後輩相関図

2019-02-01 11:00 菊地高弘
早稲田大・明治大が圧倒的 大学編

 大学野球は歴史と伝統を誇る東京六大学リーグと東都大学リーグ、学生野球のメッカ・神宮球場で公式戦を戦う連盟のチームが「名門」とされることが多い。とくに近年、プロに多数の選手を送り込んでいるのは東京六大学なら早稲田大と明治大。東都なら亜細亜大である。

 早稲田大はまとまりのある左腕の小島和哉投手(千葉ロッテ3位)が新たにプロ入り。福岡ソフトバンクには1学年先輩でプロ入り後に大化けした大竹耕太郎投手に、再起を懸けるベテラン・和田毅投手とサウスポーの先輩がいる。他にも2010年のドラフト1位トリオ、斎藤佑樹投手(北海道日本ハム)、大石達也投手(埼玉西武)、福井優也投手(東北楽天)もパ・リーグに揃い踏み。パ球団に在籍する現役OB11人中8人が投手ということもあり、いいアドバイスをもらえそうだ。

 明治大は東北楽天6位の渡邊佳明選手がプロ入り。渡邊選手は横浜高校時代の人脈を含めて、忙しくなりそう。これもエリートコースを歩む者の宿命と言えるだろう。

受け継がれる「魂」? 富士大は近年勢力を伸ばす

 東都の「虎の穴」、亜細亜大からは大学球界を代表するパワーヒッターの頓宮裕真選手(オリックス2位)と制球力で勝負する左腕の中村稔弥投手(千葉ロッテ5位)がパ球団入り。亜細亜大のOBは大学随一の練習量と規律の厳しさで揉まれてきただけあって、福岡ソフトバンクの松田宣浩選手を筆頭に魂のこもったプレーをする選手が多い。そうした先輩から亜細亜魂を注入され、プロでたくましく生き残っていくかもしれない。

 異色なのは富士大の出身者だろう。富士大は岩手にあり、北東北大学リーグの強豪。毎年のように選手が埼玉西武に指名されており、山川穂高選手、外崎修汰選手、多和田真三郎投手と昨季の優勝に大きく貢献したトリオがいる。今年は佐藤龍世選手が7位で埼玉西武に入団しただけでなく、キレで勝負する左腕・鈴木翔天投手も東北楽天8位で入団した。佐藤龍選手は北海人脈と併せて、いきなり縁の深い選手に囲まれることになった。

埼玉西武ドラ6森脇投手は人脈広し 社会人編

 社会人で近年プロ球界に多数選手を送り込んでいるのは、JR東日本とトヨタ自動車。JR東日本からは高卒5年目にして開花した右腕・板東湧梧投手(福岡ソフトバンク4位)、トヨタ自動車からは実戦での強さと将来性を兼備する左腕・富山凌雅投手(オリックス4位)が進む。

 この2人は高卒社会人だが、大卒社会人ともなればその球歴が華やかであればあるほど人脈も色濃くなる。特徴的なのは、今年で27歳を迎えるオールドルーキーの森脇亮介選手(埼玉西武6位)である。

 京都の塔南時代にバッテリーを組んだ1学年下の駒月仁人と再びチームメイトとなり、東都の名門・日本大OBとしても十亀剣投手(埼玉西武)、吉田一将投手(オリックス)といった先輩がおり、社会人・セガサミーOBとしては宮崎祐樹選手(オリックス)、浦野博司投手(北海道日本ハム)という先輩がいる。森脇選手には年齢的にも即戦力の期待がかかるだけに、関係の深い人物からの情報収集で活躍へと結びつけたいところだ。