埼玉西武内海を広島長野が“電撃訪問” 巨人から移籍した2人の軽快トーク全文

2019-02-09 07:10 「Full-Count」岩国誠
埼玉西武キャンプを訪れた広島・長野久義(右)と内海哲也※写真提供:Full-Count(写真:岩国誠)

埼玉西武キャンプを訪れた広島・長野久義(右)と内海哲也※写真提供:Full-Count(写真:岩国誠)

内海の投球に長野は…「打てそうだなと思いました」

  埼玉西武の内海哲也投手が8日、春季キャンプ第2クール4日目を迎えた8日に南郷スタジアムで広島・長野久義外野手の“電撃訪問”を受けた。3日に日南市内で行われた埼玉西武の投手会に長野がサプライズ訪問し、再会を果たしていたが、この日は報道陣の前で2ショットを披露。軽妙なやり取りを見せた。

 今キャンプ5度目のブルペン入りを果たした内海。観客席に昨年まで同僚だった長野の姿を発見すると、ブルペンから手を振って出迎えた。長野はその後、球団関係者の計らいでブルペンへ。渡辺久信ゼネラルマネージャーなどと挨拶を交わし、投球を見守った。

「埼玉西武球団の配慮で内海さんと会うことができました」と長野。内海が投球を終えたところで、2人はガッチリと握手。ブルペン外で報道陣に囲まれ、嬉しそうに話し始めた。

長野「(埼玉西武のユニホームが)似合いますよ。めっちゃ似合いますよ」

内海「これビジター」

長野「これビジター?」

――握手してもらっていいですか?

長野「もういいですよー」
(照れながらも各社のカメラ目線に応える)

長野「(ファンに向かって)上もいいですか?」

――今日来るのは相談されていたんですか?

長野「サプライズですよ。サプライズ」

内海「びっくりしましたよ」

――内海さんのボールはいかがでした?

長野「打てそうだなと思いました」(報道陣爆笑)

内海「リーグ違うし」

――改めてライオンズのユニフォーム姿は?

長野「似合いますね。ちょっと(背番号)27ってのが見慣れないですけど。すごい似合ってます」

内海「なんかもう、嬉しかったですね。燃えました」、長野「打てそうでした。本当」

――お互いにエールを……。

内海「逆に(広島キャンプを)観に行かなあかんかな」

長野「明日(埼玉西武は)休みですもんね」

内海「……ゴルフや(笑)」

長野「えぇー」

内海「俺が観に行ったら、逆にあかんやろ」

長野「来てくださいよ。カープは中に入れないかもしれないですけど」

内海「ファンとして観に行くわ」

――長野さんに見られながらの投球でしたが。

内海「なんかもう、嬉しかったですね。燃えました」

長野「打てそうでした。本当」

――1球逸れましたが、意識していた部分は?

内海「ちょっと引っかかりました。意識は……ちょっとだけ」

――長野さんが茶々を入れていたのは?

内海「もちろん、気づいてました。いつもなんだよね。ジャイアンツの時から、ブルペンにいるといつも茶々入れてくる。いつも通りだなと」

長野「あまり邪魔するのもどうかと思ったんですけど」

内海「もっと、激しくしてほしかったですね。邪魔は」

長野「今、高木(勇人)投げてるのでやりましょうか」(報道陣笑い)

内海「喜ぶ。一番喜ぶ」

――2人で食事は?

内海「近日中に」

――内海さん今日103球、内容はご自身としては?

内海「まあまあです。ちょっと体が疲れてきているので、予定よりちょっと少なくしましたけど。順調だと思います」

長野「こんな2人で囲みとかないですよね。これめっちゃレアですよ」

 サービス精神旺盛な2人の軽快なトークに、報道陣からは何度も笑いが起きていた。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)