キャンプ合流の鷹サファテ「クローザー・アイ・アム」 森&工藤監督に宣言

2019-02-10 12:44 「Full-Count」福谷佑介
チームに合流した福岡ソフトバンクのデニス・サファテ※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

チームに合流した福岡ソフトバンクのデニス・サファテ※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

合流即練習を行い、ファンからは「おかえりなさい」

 福岡ソフトバンクのデニス・サファテ投手が10日、宮崎市内で春季キャンプを行っているチームに合流した。昨季開幕直後の4月中旬に股関節の故障によりチームを離れた鷹の絶対守護神。約10か月ぶりのチーム合流にすると、早速、キャッチボールを行うと、仲間たちが行っていたノックや投内連携にも参加した。

 キャンプ地で大歓迎を受けた。この日朝に宮崎入りすると、宿舎で身支度を整え、10時半を過ぎた頃に生目の杜運動公園に姿を表したサファテ。ベンチからグラウンドに姿を見せると、スタンドのファンからの大歓声に迎えられた。ランニング中のチームメートたちに歩み寄ると、選手全員が逆方向へと逃げる“歓迎”を受けると、両手を広げて笑顔で“抗議”。その後は同僚やコーチ陣、王貞治球団会長らとハグを交わした。

 さらに、サファテは早速、練習を開始。サブグラウンドでは昨季、代役で守護神を務めた森唯斗投手、工藤公康監督らと談笑し「クローザー アイ アム!」と宣言。キャッチボールを約60メートルほどまで距離を伸ばして行い、見守った指揮官も「良かった、良かった」と一安心した様子だった。

 移動の際には、キャンプ地に訪れたファンから大きな声援を受け「サファテ、おかえりなさい!」「ウェルカムバック、サファテ!」と守護神の帰還を喜ぶ大歓声が、サファテが移動するたびにあがっていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)