主力がシート打撃に登板、紅白戦……投打で実戦に向かう11日キャンプの見どころは?

2019-02-11 09:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

 本日、春季キャンプ第2クール最終日を迎えるチームもあれば、場所を移すチームも、キャンプ自体を打ち上げるチームもある。それぞれの区切りを迎える2月11日のパ・リーグキャンプの見どころを見ていこう。

東北楽天はキャンプ地を移して再スタート

 東北楽天は9日に久米島キャンプを打ち上げ、この日から金武町にて改めてキャンプインする。野手は10時半からシートノック、ゲーム形式ノックが予定されており、銀次選手、ブラッシュ選手が一塁、浅村選手、渡邊選手が二塁、藤田選手、山崎選手、村林選手が遊撃に入る。ランチ特打にはドラ1ルーキーの辰己選手と、同6位の渡邊選手が登場。14時以降の特打は田中選手、内田選手が取り組むようだ。

埼玉西武はルーキー2投手がシート打撃に登板

 埼玉西武は13時からシート打撃を行う。ルーキーの森脇投手、粟津投手のほかに、増田投手、武隈投手、野田投手といった中継ぎ陣を支える投手たちが実戦のマウンドに上がる。また、15時半からは「ふれあい交流会」を実施。毎年恒例のイベントで、選手がドッジボールなどで地元・日南の子どもたちと交流する。

千葉ロッテは早くもキャンプ打ち上げ

 千葉ロッテ一軍は早くも石垣島キャンプの最終日を迎える。シート打撃には、石川投手、涌井投手、益田投手ら主力組が登場し、打撃投手として東妻投手、小島投手、中村稔投手の新人3人も登板予定。午後は安田選手、平沢選手が打撃練習を行い、13日から本島で行うセ・リーグとの練習試合に向けて調整を進めていく。

オリックスは紅白戦2日目を予定 山本投手が先発

 第2クール最終日を迎えたオリックスは、昨日に引き続き紅白戦を予定している。昨日の試合では新加入の竹安投手が先発し、2回2安打3奪三振1失点という結果で、打者では安達選手が2安打1打点と存在感を発揮した。今日は先発再転向を目指す山本投手が2イニングスを投げるほか、二軍調整が続く山崎福投手も登板し、実戦でのアピールを狙う。

福岡ソフトバンクドラ4のリベンジなるか

 福岡ソフトバンクは、12時25分からのシート打撃に、7投手が登板。森投手、大竹投手、田中投手、笠谷投手、松田遼投手、奥村投手、板東投手と、見応えのありそうな顔ぶれだ。ルーキーの板東投手は7日に打撃投手を務め、福田選手に死球を与えてしまったが、今回は本来の能力の片鱗を見せることはできるだろうか。