ピックオフプレー、新戦力の登板……2月13日、春季キャンプの見どころは?

2019-02-13 08:45 「パ・リーグ インサイト」編集部

 2月1日から始まった各球団の春季キャンプは13日目。紅白戦や練習試合を行うチームも多くなってきて、球界全体で実戦モードが高まりつつある。福岡ソフトバンクは休養日となっているが、今日も各地で選手たちは汗を流している。13日の春季キャンプの注目ポイントを挙げていきたい。

キャンプ中継も「パーソル パ・リーグTV」で!

主力投手たちがピックオフプレーに参加、二塁の守備位置には期待の若武者も

 埼玉西武では午前中からピックオフプレーの練習が予定されており、増田投手、野田投手、内海投手といった実績十分の面々に加え、マーティン投手、ヒース投手、郭投手といった外国出身選手たちも参加予定。各選手がどんな連携を見せてくれるか注目だ。また、この日の守備練習では外崎選手、山野辺選手に加えて金子一選手が二塁の守備位置につく予定だ。23歳の若武者は、これを好機としてセカンドの定位置争いに食い込んでいけるか。

ランチ打撃で新助っ人が登板予定、午後にはルーキー2人もマウンドへ

 オリックスではランチ打撃に新助っ人のエップラー投手が登板予定で、午後の打撃練習では岸田投手、比嘉投手のベテラン2人に加えて、ルーキーの荒西投手と富山投手もマウンドへ。新戦力の活躍は金子投手、西投手が抜けたオリックスの躍進には必要不可欠。それだけに、チームの主力打者を相手にするこの日のピッチングに注目する価値は大いにありそうだ。

「パ・リーグインサイト」編集部