埼玉西武ドラ1松本航、紅白戦で2回完璧投球 「狙った」直球で中村を見逃し三振

2019-02-16 18:34 「Full-Count」岩国誠
紅白戦に登板した埼玉西武・松本航※写真提供:Full-Count(写真:岩国誠)

紅白戦に登板した埼玉西武・松本航※写真提供:Full-Count(写真:岩国誠)

快投にスタンドからは喝采「嬉しかったです」

 埼玉西武は16日、今キャンプ初の紅白戦を行い、白組3番手で登板したドラフト1位ルーキー・松本航投手が2回を打者6人で抑えるパーフェクトピッチング。スタンドから喝采を浴びた。

 見せ場はいきなり訪れた。5回表からマウンドに上がったドラ1右腕は、外崎、源田を共に初球で外野フライに打ち取り、2死走者なしで3番・中村を迎える。カウント1-1から外角へのカットボールで空振りを取り追い込むと、最後は「狙って投げた」という外角低めへの146キロのストレート。シート打撃で昨年の本塁打王・山川から見逃し三振を奪ったのに続き、今度は本塁打王6回を誇る中村も見逃し三振に仕留めた。松本自身も「一番手応えがあった。指にもしっかりかかっていてよかった」と振り返った、この日一番のボールだった。

 続く6回は2死走者なしからセットポジションでの投球も試した松本航。最後のバッター、駒月もセンターフライに打ち取り、予定の2回をパーフェクトで締め、スタンドから投球内容を称賛する拍手が巻き起こった。

「嬉しかったです。見てもらえてよかったです」。もちろん、その歓声は聞こえていた松本航だが、「森さんの話に集中していました。最後のセットでの投球で『ちょっと(上体が)前に突っ込んでいる。しっかり投げることが大事だよ』と、言われていました」と、捕手の森からの指摘に次回登板への課題を見つけた。

「結果はついてきてよかった。ある程度良い感覚で投げられたことが収穫かな」と振り返った松本。だが、「(自分は)こんなもんじゃない。もっと状態を上げて良いピッチングができれば」と、決してこの日の投球に納得しているわけではない。「練習をしっかりして、もっとしっかりとした形で投げられるようにしたい」。今後はいよいよ対外試合での登板が始まるが、ドラ1右腕が納得する全力投球を見られる日が今から待ち遠しい。