【MLB】大谷翔平、今週中にもティー打撃再開へ「できればいい」

2019-02-18 01:20 「Full-Count」盆子原浩二
取材に応じたエンゼルス・大谷翔平※写真提供:Full-Count(写真:盆子原浩二)

取材に応じたエンゼルス・大谷翔平※写真提供:Full-Count(写真:盆子原浩二)

報道陣の取材に対応、リハビリ中の右肘快調をアピール「それなりに振れている。元に戻っている感覚ある」

 昨年10月初旬に右肘内側側副靭帯の再建術(トミー・ジョン手術)を受けた影響で今季は打者一本で臨むエンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日未明)、報道陣の取材に応じ、今週中にもティー打撃を再開する見通しを明かした。「ある程度、来週やりながら、ティー打撃ができればいい。一番は今週できればいい」と語った。

 リハビリ中の大谷はスプリングトレーニング前の2月上旬にバットスイングを再開。「10割かどうかわからないですけど、それなりに振れているかなと思います」と明かした。右肘の状態については「元に戻っている感覚はある。ただ、打撃も球も投げてない。実際にそうなのかどうなのか確認していない。日常生活は何も問題ないので。普通の感覚に戻っているかと思います」と説明した。

 二刀流選手のトミー・ジョン手術は前例がない。ブラッド・オースマス新監督は復帰時期について「5月頃が目標」と慎重な方針を見せているが、大谷本人は「僕はもっと早く行くつもり」と意欲を見せていた。

 15、16日とブルペンで他の投手陣の投球練習を視察した。「(気持ちが)たかぶることはないですけど、しっかり距離をとったり、タイミングを取ったりとか、実際に投げている球を見るだけでも感覚は戻ってくるのかなと思います」。この日はオフで会見後は球場を離れたが、打者・大谷としてシーズンの準備を整えていく。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)