埼玉西武高橋光、3回1失点で開幕ローテへアピール 納得顔「ボールが走っていた」

2019-02-20 15:18 「Full-Count」編集部
台湾・統一との練習試合に先発した埼玉西武・高橋光成※写真提供:Full-Count(写真:安藤かなみ)

台湾・統一との練習試合に先発した埼玉西武・高橋光成※写真提供:Full-Count(写真:安藤かなみ)

軸足にしっかり体重を乗せるフォームに手応え「バランスも意識して」

 埼玉西武の高橋光成投手が20日、台湾・統一ライオンズとの練習試合(春野)に先発し、3回1失点と開幕ローテーション入りに向けてアピールした。

 この日は最速151キロのストレートとフォーク、スライダーなど変化球のコンビネーションで被安打3、2つの三振を奪うなど順調な仕上がりを披露。低めへの制球も光った。「ボールが走っていた。引き続きやっていきたい」と納得顔を見せたが、「実戦での配球はキャッチャーと話し合いたいし、クイックも試合の中でやっていかないといけない」と反省も忘れなかった。

 オフシーズンは、マリナーズに移籍した菊池雄星投手とトレーニングをともにし、増量に成功。さらに菊池や広島大瀬良の動画を参考に2段モーションにも挑戦し、軸足にしっかりと体重を乗せるフォームを取り入れた。「スピードも求めたいが、バランスも意識して」と今のフォームに手応えを感じている。

 昨年の右肩痛の影響でB班スタートとなったが、開幕ローテーションに照準を合わせる。「自分のペースで、自分らしく、自分を出せるように」と話した高橋光。5年目を迎える右腕はこれからもアピールを続ける。