日台獅子対決2戦目! 鷲打線は目覚めるか? 2月21日、キャンプ・練習試合の見どころは?

2019-02-21 08:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
同点弾を放った埼玉西武・外崎修汰選手(C)PLM

同点弾を放った埼玉西武・外崎修汰選手(C)PLM

 2月も下旬。どの球団も、23日から始まるオープン戦に向けて、最後の仕上げを行っている。21日のパ・リーグキャンプ・練習試合の見どころを挙げていこう。

キャンプ中継も「パーソル パ・リーグTV」で!

北海道日本ハムは連勝を目指し、東北楽天は打線奮起なるか

 北海道日本ハムと東北楽天は、12時30分より金武町ベースボールスタジアムで練習試合を行う。20日の試合では、大田選手や西川選手などの主力陣が好調ぶりを披露し、先発した斎藤佑投手が3回無安打無失点とアピールに成功した。順調に仕上がる主力陣にならい、若手陣も実戦の中で結果を出し、スタメン争いに割って入ることができるか。

 対する東北楽天は、打撃陣の奮起が必要だ。20日の練習試合では、得点がウィーラー選手の3ランのみに終わり、打線のつながりを欠く形に。一方で、移籍後初の対外試合に臨んだ浅村選手が安打を放つなど、明るい話題もあった。投手陣、打撃陣共に未だ本調子とは程遠い。実戦の中でチームの完成度を高めていきたい。

連勝なるか、日台獅子対決2戦目

 埼玉西武は、13時から台湾・統一ライオンズとの交流試合を行う予定だ。20日の試合では逆転勝ちを収め、今季初の対外試合で好調な滑り出し。3番に座った外崎選手は同点弾を放つなどアピールした。先発の高橋光投手も、3回1失点と開幕に向けて仕上がりは順調。リーグ覇者として迎える今季、誰がスタメンに名を連ねるのだろうか。

充実のオリックス、第4クール最終日へ

 第4クール最終日を迎えるオリックスは、10時からウォーミングアップ開始。野手、投手共に、シートノックを中心に動きの確認を行う。20日の紅白戦では、外国人選手が揃って安打を放ち、西浦颯大選手、杉本裕太郎選手、頓宮裕真選手はホームランを放った。23日からの第5クールではいよいよ対外試合が始まる。新指揮官のもと、どんな結果を出していくのだろうか。

福岡ソフトバンク第5クール3日目、実戦に向けて盤石か

 福岡ソフトバンクは20日に紅白戦を行い、松田選手を4番に置いた紅組が快勝した。武田投手、大竹投手が共に2回を零封するなど、各選手アピールが続いている。21日午後からのチーム打撃では、甲斐野央投手、杉山一樹投手、板東湧梧投手が登板予定である。24日から始まるオープン戦に向けて、各選手、調子を上げていけるだろうか。