東北楽天とオリックス連勝、獅子打線は元気なし…… 「みやざきベースボールゲームズ」

2019-02-26 22:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

【みやざきベースボールゲームズ】2/26 ホークス対イーグルス ダイジェスト

 今年も宮崎県にて、「2019球春みやざきベースボールゲームズ」が開催される。期間は2月26日から3月3日までである。注目すべき初日の試合を振り返ろう。

山下斐紹選手が「隙」を突いた。東北楽天が昨季日本一に勝利し4連勝

 2月26日、宮崎県・アイビースタジアムで行われた福岡ソフトバンクと東北楽天の試合は、2対1で東北楽天が勝利。対外試合4連勝で好調さをうかがわせた。

 序盤から両チーム堅い守りで試合は進んだ。福岡ソフトバンクの先発・スアレス投手は立ち上がり、テンポよくアウトを重ねたが2死を取ったところで制球を乱し、四球で走者を許す。しかし甲斐選手が今季初の「甲斐キャノン」で盗塁を阻止。女房役のサポートもあって2回を無失点で投げ抜いた。

 東北楽天の先発・菅原投手も3回を1安打無失点に抑える好投を見せた。投手陣をもり立てるように、西巻賢二選手、石原彪選手にファインプレーが飛び出すなど好守も光り、試合は両者無得点のまま5回を終了した。

 均衡を破ったのは東北楽天。6回表、1死2,3塁の場面で、2番・橋本到選手の打球がこの回から登板した福岡ソフトバンク・千賀投手のグラブをはじき、その隙を狙った3塁走者・山下斐紹選手が本塁に飛び込み、生還。東北楽天が1点の先制に成功した。さらに7回表、9番・山下選手の適時打で1点を追加し、スコアは2対0。

 その後も東北楽天が走者を出しながらも粘りの投球で福岡ソフトバンク打線を抑え、ゴロの間に1点を返されるものの、逃げ切って試合終了。2対1で勝利を収めた。

 東北楽天はオープン戦、練習試合を含めて4連勝。オープン戦では多くの得点を奪い、打線の強さを見せたが、この試合では守りの堅さも披露した。福岡ソフトバンクは、好機を作るも、好守に阻まれるなどあと一本が出なかった。