東北楽天とオリックス連勝、獅子打線は元気なし…… 「みやざきベースボールゲームズ」

2019-02-26 22:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
投打で圧倒のオリックス、千葉ロッテは攻守で精彩を欠く

 2月26日、宮崎県・SOKKENスタジアムにて行われたオリックスと千葉ロッテの「2019みやざきベースボールゲームズ」初戦は、機動力を生かした攻撃と完封リレーを見せたオリックスが5対0で勝利を収めた。

 オリックス先発はアルバース投手。3回、無四球、無失点と好投を披露し、昨季戦績3勝0敗の相手に相性の良さを見せつけた。4回からは3年目の山本由伸投手が登板。150キロを超える直球と多彩な変化球で3イニング無失点に抑え、先発ローテーション入りに向け、アピールした。7回からは小林慶祐投手が、3イニングを無安打、無失点に封じ込めた。

 打者では新外国人のメネセス選手が3安打2打点、西浦颯大選手が2安打2打点と活躍を披露し、開幕に向けて好調ぶりをアピールした。

 完封負けを喫した千葉ロッテは、先発の涌井投手が2回2失点。打線は3安打無得点に抑えられ、投打で精彩を欠いた。

埼玉西武ドラフト1位投手リレーも、打線は沈黙

 2月26日、サンマリンスタジアム宮崎にて行われた埼玉西武と斗山ベアーズ(韓国)の一戦は、0対2で埼玉西武が敗れた。

 埼玉西武の投手陣は、安定した投球を披露した。先発は開幕投手に指名されている多和田投手。走者を出しながらも要所を抑える投球で3回を無失点に抑え、開幕戦に向けて、好調ぶりをアピールした。

 2番手は今井達也投手。5回に本塁打を浴びたものの、続く6回の満塁のピンチを三振で切り抜けた。7回から3番手として登板したドラフト1位の松本航投手は、いきなり3三振。9回には本塁打を浴びたものの、最後の打者を空振り三振に抑え、3イニング6奪三振の好投で首脳陣へのアピールに成功した。

 一方打線は外崎選手や金子侑選手が好機を演出するものの、斗山ベアーズ投手陣を打ち崩すことはできなかった。