平野佳寿、2年目のジンクス打破へ新球カーブ MLB公式「早いカウントで」

2019-02-28 14:30 「Full-Count」編集部
ダイヤモンドバックス・平野佳寿※写真提供:Full-Count(写真:田口有史)

ダイヤモンドバックス・平野佳寿※写真提供:Full-Count(写真:田口有史)

28日韓国NC戦でカーブを2球投げ、内野ゴロ、ストライク

 ダイヤモンドバックス・平野佳寿投手の新たな“勝負球”となるのか。MLB公式サイトによると、平野が27日(日本時間28日)の韓国NCダイノス戦でカーブを投げたという。

 米データサイト「ベースボールサバント」によると、平野がメジャー1年目の昨季に投じたのはフォーシーム、スプリット、スライダーの3球種。投球割合はフォーシームが53.7%、スプリットが45.4%、スライダーが0.9%で、カーブは1球もなかった。

 27日(同28日)のNC戦ではその”新球種”を2球投げ、結果は1球目が内野ゴロ。2球目は早いカウントでストライクを奪ったという。記事では平野が笑顔で「スライダーがあまり変化しないので」とコメントしたことを紹介。さらに、「アウトを取るというよりも、早いカウントでストライクを奪う、それがヒラノのカーブの使い方となる可能性が高いようである」と言及している。

 昨季は75試合登板し、防御率2.44。昨季32セーブを挙げたボックスバーガーがFAでロイヤルズに移り、ブラッドリー、ナショナルズから獲得した通算189セーブのホランドらと共に守護神候補と期待されている。新たな変化球で2年目のジンクスを吹き飛ばしたいところだ。

(Full-Count編集部)