「守備職人」からの脱却。埼玉西武・永江恭平の新たな戦いが始まる

2017-12-16 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

 今季、「源田たまらん」のフレーズでお馴染みの源田壮亮選手が、埼玉西武の正遊撃手の座に就いた。パ・リーグファンであるならば、そのルーキーらしからぬ華麗な遊撃守備を何度も目撃しただろう。だが、巧みな守備を魅せる埼玉西武の遊撃手と聞いて、「6」以外の背中を思い浮かべる人も少なくはないはずだ。今季6年目のシーズンを終えた24歳、永江恭平内野手もまた、埼玉西武が誇る「職人」の1人である。

 長崎県の海星高校から、2011年にドラフト4位で埼玉西武に入団した永江選手。高校時代は遊撃手と投手を務め、打っては通算27本塁打を放ち、投げては最速149キロを計測している。プロ1年目の2012年からファームで82試合に出場して打率.258、10盗塁と結果を残すと、高卒ルーキーながら一軍の試合出場、プロ初安打も経験した。

 翌年、不動の正遊撃手だった中島宏之選手(現・オリックス)が退団したことで「ポスト中島」争いが勃発。19歳の永江選手は熾烈な競争を勝ち抜き、見事「9番・遊撃」で開幕スタメンに名を連ねる。10代の選手が遊撃手として開幕戦に先発出場するのは、1954年の豊田泰光氏以来の快挙だった。しかし堅実な守備で一定の評価を得る一方、99試合に出場して打率1割台に終わる。打撃面で明確な課題を残し、レギュラー定着とはならなかった。

 その後も、安定した内野守備を武器に終盤の守備固めとして重宝されながらも、打率が2割に届かないシーズンが続く。中島選手の退団以降「埼玉西武の正遊撃手」の座はぽっかりと空き続けていたにも関わらず、チャンスをものにできず。打撃覚醒のきっかけをつかめないまま、5年の月日が流れた。

 そして迎えた今季。永江選手は、新たに「32」を背負ってシーズンに臨むことに。かつては松井稼頭央選手が、昨季までは浅村栄斗選手が着けていた番号を受け継ぎ、開幕一軍入りを果たした。しかし、ルーキーの源田選手がついに正遊撃手の座に収まり、永江選手が遊撃を守る機会は訪れず。最終的に、自己最少の25試合出場にとどまるシーズンとなった。

 一見すると、年上のルーキーとのポジション争いに敗れて苦難のシーズンを過ごしたかに見える永江選手だが、打率は自己最高となる.235を記録している。ファームでも44試合に出場して打率.279、6本塁打とどちらも自己最高の数字を残し、入団以来課題とされてきた打撃面で、少しずつ覚醒の兆しを見せ始めていると言ってもいいだろう。

 例として、8月15日、16日に行われた楽天との2連戦。永江選手は初戦、森原投手の初球を捉えて自身4年ぶりとなる一発を右翼席に叩き込むと、2戦目には2打点を挙げてお立ち台に上がる活躍。2試合で4安打4打点と、課題と言われ続けてきたバッティングでも存分に存在感を発揮した。

 リーグ屈指の破壊力を持つ埼玉西武打線。内野陣はいずれも豪打を誇る充実の布陣だ。そこに割って入っていくことは容易ではないだろう。何より遊撃手のポジションは、来季も源田選手が務める可能性が高い。8月16日のヒーローインタビューでは、永江選手が適時打を放ったうれしさを表明したとき、ファンからは「俺もうれしかったよ」と声が飛んだ。類い稀な守備センスはもちろんのこと、「覚醒間近」の打棒をアピールして、来季の永江選手が自身の立場を確立することを、多くの人が心待ちにしている。