東北楽天はオコエが2番、阪神は木浪&近本の新人コンビが1&2番…スタメン発表

2019-03-08 12:59 「Full-Count」編集部
阪神の木浪聖也(左)と東北楽天のオコエ瑠偉※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

阪神の木浪聖也(左)と東北楽天のオコエ瑠偉※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

倉敷でオープン戦、東北楽天は岸が先発

■東北楽天 – 阪神(オープン戦・8日・倉敷)

 8日のオープン戦、東北楽天-阪神(倉敷)のスタメンが発表された。東北楽天はオコエ瑠偉外野手が「2番・中堅」でスタメン出場。3番・浅村、4番・ブラッシュ、5番・銀次のクリーンアップとなっている。先発は岸が務める。

 一方、阪神はオープン戦打率.429のドラフト3位ルーキー・木浪聖也内野手が「1番・三塁」で先発。「2番・中堅」はドラ1の近本光司外野手とルーキー2人が1、2番コンビを組む。

 両チームのスタメンは以下の通り。

【阪神】
1(三)木浪
2(中)近本
3(二)糸原
4(一)陽川
5(遊)北條
6(右)中谷
7(左)伊藤
8(捕)梅野
9(DH)荒木
投手 望月

【東北楽天】
1(左)島内
2(中)オコエ
3(二)浅村
4(右)ブラッシュ
5(一)銀次
6(DH)ウィーラー
7(三)内田
8(捕)嶋
9(遊)藤田
投手 岸

(Full-Count編集部)