途中出場の白崎浩之選手が値千金の同点弾 オリックスが逆転勝ち

2019-03-10 16:32 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/10 バファローズ対ファイターズ ダイジェスト

 3月10日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムのオープン戦は、終盤に3点差を逆転したオリックスが7対5で勝利。白崎浩之選手、杉本裕太郎選手など途中出場の選手が活躍し勝利した。

 試合は序盤から動く。1回表、北海道日本ハムが安打と四球でチャンスを作り、4番・中田選手の2点適時打で幸先よく先制する。

 先制されたオリックスだったが、その裏のルーキー・頓宮裕真選手の適時打、2回裏の好調・西浦颯太選手の適時二塁打ですぐさま同点に追い付いた。

 しかし、3回表から北海道日本ハムが反撃。大田選手の3試合連続弾で勝ち越すと、続く4回表には売り出し中の淺間大基選手の適時打で、オリックス先発・榊原翼投手をノックアウト。5回表には大田選手が2打席連続アーチを放ち、5対2とリードを広げる。

 5回裏、北海道日本ハムは先発・有原投手に代えて、オリックスから移籍の金子弌大投手をマウンドに送った。元エースに対峙する打線は、それをきっかけに意地を見せる。6回裏、若月健矢選手、鈴木昂平選手の連続適時打で1点差に迫ると、7回裏、北海道日本ハムの3番手・秋吉亮投手から白崎浩之選手が同点本塁打。6番・T-岡田選手も適時打を放ち、試合終盤で6対5と逆転に成功した。

 8回裏にも、代打・杉本裕太郎選手が本塁打を放ってダメ押し、最後は岩本輝投手が3人で締めてゲームセット。

 オリックスと北海道日本ハムのオープン戦は、7対5でオリックスが勝利した。序盤はリードを許すものの、吉田一将投手、澤田圭佑投手、岩本投手が好投し、終盤の逆転劇を演出。敗れた北海道日本ハムは大田選手が2本塁打と好調をキープするも、登板した投手が立て続けに失点して流れを奪われた。