打線好調な両チームの一戦。埼玉西武は新外国人・ニール投手がオープン戦初登板

2019-03-12 09:32 「パ・リーグ インサイト」編集部
オリックス・頓宮裕真選手

オリックス・頓宮裕真選手

 3月12日13時から、オリックスと埼玉西武のオープン戦が姫路で行われる。オリックスは3試合連続で2桁安打を放ち、埼玉西武も9日の東北楽天戦では15安打8得点で勝利を収めた。打線が好調な両チームがぶつかる一戦。見どころを紹介していく。

【昨季対戦成績】
オリックス→9勝14敗2分、埼玉西武→14勝9敗2分

 オリックスの注目はドラフト2位ルーキーの頓宮裕真選手だ。オープン戦全試合に出場している頓宮選手は、ここまで打率.368と好調を維持しており、4試合連続安打を記録するなどアピールが続いている。開幕に向けてさらなる活躍を重ねていきたい。

 埼玉西武は新加入のニール投手がオープン戦初登板となる予定だ。内海投手や榎田大樹投手といった先発候補の離脱が相次ぐ中、新たに加わった右腕の活躍は必要不可欠。初登板から期待に応える投球を見せることはできるだろうか。