打線が勢いづいているオリックス。埼玉西武は投手陣が踏ん張れるか!?

2019-03-13 09:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

 3月13日12時30分から、オリックスと埼玉西武のオープン戦が大阪シティ信用金庫スタジアムで行われる。12日の試合では、オリックスが9回に6点を奪い、サヨナラ勝利。この勢いを13日の試合でも生かせるか、それとも埼玉西武が悪い流れを払しょくできるか。見どころを紹介していく。

【昨季対戦成績】
オリックス→9勝14敗2分、埼玉西武→14勝9敗2分

 オリックスでは、杉本裕太郎選手に注目だ。12日の試合では、9回に大逆転の皮切りとなる2ランを放つなど、自慢のパワーを存分に発揮している。開幕スタメンに向けて、首脳陣へ更なるアピールをしたい。

 埼玉西武の野手陣では、木村文紀選手に注目したい。12日の試合では8番・右翼でスタメン出場した木村文紀選手は、1安打2盗塁と自慢の足をアピールした。激しい外野争いを勝ち抜くためにも、13日の試合でも結果を残したい。