福岡ソフトバンク中村晃、開幕黄信号 右腹斜筋筋挫傷、今後はリハビリ組へ

2019-03-13 14:28 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンク・中村晃※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンク・中村晃※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

12日に福岡市内の病院でMRI検査を受けていた

 福岡ソフトバンクは13日、中村晃外野手が12日に福岡市内の病院でMRI検査を受け、右腹斜筋筋挫傷と診断されたと発表した。

 中村晃は6日の埼玉西武戦まではオープン戦に出場していたものの、右脇腹の違和感を訴えて、その後は欠場が続いていた。発表では全治期間は明らかにされていないのの、今後は状態を見ながらリハビリ組へと移行するとされている。

(Full-Count編集部)