千葉ロッテドラ1藤原、強風で目測誤り“洗礼”浴びるも…打者一巡の猛攻呼ぶ痛烈ヒット

2019-03-13 15:10 「Full-Count」編集部
千葉ロッテ・藤原恭大※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

千葉ロッテ・藤原恭大※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

6回に藤原のヒットから一挙5得点で同点

■千葉ロッテ – 東京ヤクルト(オープン戦・13日・ZOZOマリン)

 千葉ロッテのドラフト1位ルーキー・藤原恭大外野手は13日、本拠地でのオープン戦・東京ヤクルト戦に「1番・中堅」でスタメン出場。強風で目測を誤り、ヒットにしてしまうというマリンの“洗礼”を浴びたものの、6回にはライト前への痛烈なヒットを放った。

 初回の第1打席はニゴロに倒れた藤原。すると、0-4で迎えた3回の守備でまさかのプレーがあった。1死二塁で廣岡の打球が高々と舞い上がる。センターの藤原は背走したものの、打球は13メートルの強風に押し戻されて、センターの浅い位置にポトリ。藤原は慌てて前に出たが、追いつくことはできなかった。これで塩見が生還。リードを5点に広げられた。

 3回の第2打席は1死二、三塁の好機で二飛に倒れた藤原だったが、6回にミスを取り返す。1ストライクから相手先発・小川のカットボールを捉え、ライト前に痛烈なライナーで弾き返すヒット。すると、千葉ロッテはここから4連打。レアードの適時二塁打で2点を返し、藤原も生還した。

 千葉ロッテはさらに岡の犠飛で2点差に。その後、鈴木、清田の四球などで2死満塁とし、藤岡の2点タイムリーでついに同点とした。さらに、藤原にこの回2度目の打席が回ったものの、外角低めの直球に見逃し三振。しかし、藤原のヒットから一挙5得点の猛攻で5-5と追いついた。

(Full-Count編集部)