両チームの先発投手が粘りの投球。オリックスと埼玉西武の一戦は互いに譲らず引き分けに

2019-03-13 15:57 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/13 バファローズ対ライオンズ ダイジェスト

 3月12日に大阪シティ信用金庫スタジアムで行われたオリックスと埼玉西武のオープン戦は、2対2というスコアで引き分けに終わった。開幕ローテーション入りを狙うオリックス・松葉貴大投手と、オープン戦初登板となった開幕投手の多和田真三郎投手がともに粘りのピッチングを見せ、それぞれ先発としての役目を果たしている。

 試合は1回裏にいきなり動きを見せる。2死無走者からメネセス選手が二塁打を放ってチャンスを作ると、続く4番・吉田正尚選手が放った二塁への内野安打で2塁走者のメネセス選手が一気に生還。相手の隙を突く走塁をこの試合でも披露したオリックスが先制に成功する。

 埼玉西武は3回表に4番・森友哉選手の左前適時打で同点に追い付くと、5回表には源田壮亮選手が左翼手の頭上を超える適時二塁打を放って勝ち越しに成功。しかし、オリックスも6回裏に無死1,3塁の絶好機を作ると、杉本裕太郎選手が打った併殺打の間に3塁走者が生還して、試合は再び同点となる。

 その後は両チームの救援投手が踏ん張りを見せ、試合は2対2のまま最終回へ。オリックスは守護神の増井浩俊投手が9回表を3者凡退に抑えると、続く9回裏には埼玉西武の3番手・平井克典投手を攻め立てて2死満塁と大チャンスを作る。しかし、ここで途中出場の小島脩平選手が倒れて2日連続のサヨナラ勝ちはならず。試合は2対2の引き分けに終わっている。

 オリックスの先発・松葉投手は被安打5、4四球と再三走者を背負ったものの、粘りのピッチングを見せて、昨季のリーグ覇者を相手に5回2/3を2失点と試合を作った。野手陣では2打数2安打1打点とさすがの実力を見せた吉田正選手や、攻守にわたって得点に直結する活躍を見せたメネセス選手が存在感を放ったが、9安打を放ちながら2点どまりとチャンスであと1本が出なかった。

 埼玉西武の先発・多和田投手は序盤から多くの球数を費やす苦しい投球となったが、2回に訪れた2死満塁のピンチを無失点で切り抜けるなど要所で踏ん張り、4回1失点と最少失点でまとめ上げた。3打数2安打1打点の源田選手や、4打数2安打1四球の秋山選手といった主力も好調を維持しているが、こちらも9安打を記録しながら得点は2点と打線がつながりを欠いた。