直近2試合の悪い流れを振り払えるか。獅子が誇る上位打線コンビに期待大

2019-03-14 09:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

 3月14日の13時から、中日と埼玉西武のオープン戦がナゴヤドームで行われる。埼玉西武は12日の試合で9回に5点リードをひっくり返されてのサヨナラ負けを喫し、続く13日には9安打を放ちながら2得点と打線がつながりを欠いて引き分けに。移動日を前に悪い流れを止めておきたい一戦となる、14日の試合の見どころを紹介していく。

【昨季交流戦対戦成績】
中日→2勝1敗、埼玉西武→1勝2敗

 埼玉西武は2番・源田壮亮選手が13日の試合で3打数2安打1打点、3番・秋山翔吾選手が4打数2安打1四球とそれぞれ活躍を見せ、開幕に向けて好調をキープしている。昨季の「1番・2番」ではなく「2番・3番」という新たな関係性となりつつあるが、このコンビが“獅子おどし打線”のカギを握る存在であることに変わりはないはず。俊足巧打を誇る2人の、チームを勢い付かせるような活躍に期待したいところだ。