福岡ソフトバンクが接戦制す。3番手・武田翔太投手が3回7奪三振の好投

2019-03-13 21:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

セーブを記録したサファテ投手

 3月13日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクと巨人のオープン戦は、3対2で福岡ソフトバンクが勝利。3回に1点を勝ち越すと、その後は継投で逃げ切り、接戦を物にした。
 
 初回から福岡ソフトバンク打線が、繋がりを見せる。2死1塁から、オープン戦初出場の4番・デスパイネ選手、5番・グラシアル選手、6番・内川選手の連続安打で2点を先制した。

 先制点をもらった福岡ソフトバンクの先発・東浜投手は2回、連続四球と安打で満塁のピンチを招く。続く吉川尚選手に2点適時打を許し、2対2の同点に追いつかれた。東浜投手は3安打4四球2失点と制球力を欠き、3回途中で降板。2番手には奥村政稔投手が登板した。

 福岡ソフトバンクは3回裏、この試合先制打を放っているグラシアル選手が、2打席連続の適時打。3対2の逆転に成功した。

 勝ち越した福岡ソフトバンクは、3番手・武田投手が圧巻の投球を見せる。4回からマウンドに上がると、巨人の上位打線から5者連続三振を奪うなど、3イニングを投げ、被安打1、7奪三振、無失点と完璧な投球を披露した。

 7回以降は甲斐野投手、モイネロ投手が1イニングずつを無失点に抑えると、9回には手術後、実戦初登板となるサファテ投手が登場。連続安打などで2死満塁のピンチを招くも、最後の打者を左飛に打ち取り試合終了。3対2と福岡ソフトバンクが接戦を制した。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発した東浜投手が3回途中を投げ、4四球、2失点と開幕に向けて不安の残る投球内容となった。その後は武田投手が3回7奪三振を奪うなど、中継ぎ陣が好投。巨人打線を3回以降無失点に抑えた。打線は3回までに3点を挙げるも、4回以降は1安打無得点と物足りない結果となった。