吉田正尚選手の場外弾も…… オリックスが逆転負け

2019-03-14 16:52 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/14 オリックス対広島 ダイジェスト

 3月14日、大阪シティ信用金庫スタジアムで行われたオリックスと広島のオープン戦は、2対3でオリックスが逆転負け。序盤で得た2点のリードを守りきれなかった。

 試合は初回から動いた。1回裏、3番・メネセス選手が左前打で出塁すると、続く吉田正選手が右翼場外への特大の1号2ランを広島の先発・床田投手から放ち、オリックスが2点を先制する。

 再び試合が動いたのは7回表。オリックスの2番手・小林慶祐投手が2番・菊池涼選手にヒットを放たれ、守備の乱れもあり無死1,2塁とピンチを背負うと、4番・鈴木選手の3号3ランで逆転を許してしまう。

 オリックスは9回裏にサヨナラのチャンスを作るも、あと1本が出ず。オリックスと広島のオープン戦は、2対3でオリックスが敗戦。打線は7安打を放つも、得点は吉田正選手の本塁打による2点のみと、繋がりを欠いた。