岡大海選手が4安打3打点の大活躍 二桁得点の千葉ロッテが大勝

2019-03-14 16:52 「パ・リーグ インサイト」編集部

【1回裏】これぞ切り込み隊長!! マリーンズ・岡の先頭打者ホームラン!! 2019/3/14 M-LM

 3月14日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとLamigoモンキーズの練習試合は、13対3で千葉ロッテが勝利。千葉ロッテは4回までに10点を奪い、最後までリードを許さなかった。

 試合は1回裏から動く。1番・岡大海選手の先頭打者本塁打で千葉ロッテが先制。続く荻野貴司選手が四球と盗塁で無死2塁と好機を作ると、3番・中村奨吾選手の適時打、5番・角中選手の2点適時二塁打で一挙4点を奪う。

 さらに千葉ロッテは、2回裏に相手の暴投と岡選手の好走塁で1点を追加すると、3回裏に9番・藤岡裕大選手、岡選手、荻野貴選手の3連続適時打。4回裏には、相手のミスと岡選手の適時打で早くも10点目を奪う。

 千葉ロッテは6回表に2番手・岩下大輝投手が2点を失うが、7回裏に1点を追加した。その後は3番手・松永昂大選手、4番手・東妻勇輔選手がそれぞれ無失点で切り抜けると、特別ルールにより行われた9回裏に2点を追加し、試合終了。13対3で千葉ロッテが快勝した。

 千葉ロッテは、先発・小島和哉投手が4回を1失点の好投で、開幕ローテーション入りに向け大きなアピールとなった。ここ4戦で6得点と苦しんでいた打線は、岡選手の5安打3打点の大活躍をはじめ13得点を奪った。さらに、チームとして3盗塁を決めるなど足を絡めた野球が目立った。