ホークス千賀が圧巻投球! 7回1安打無失点も「もっと良くなるように」

2019-03-14 20:12 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンク・千賀滉大※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンク・千賀滉大※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

6回まで完全投球 巨人打線から8K「バランスよく投げられた」

■福岡ソフトバンク – 巨人(オープン戦・14日・ヤフオクドーム)

 福岡ソフトバンクの千賀滉大投手、巨人の菅野智之投手が激しいエース対決を演じた。両投手は14日のオープン戦(ヤフオクドーム)で激突。両投手とも5回まで完全投球を見せ、千賀は7回1安打無失点。菅野は6回2安打無失点に抑えた。

 千賀は最速157キロの剛速球とフォークの攻める投球。5回1死では中島宏のバットをへし折るニゴロに仕留めるなど球の威力は十分だった。7回2死で初安打となる丸の遊撃内野安打を許したものの、続く岡本の打席で捕手の甲斐が丸の二盗を阻止。7回88球、8奪三振無四球、1安打無失点に抑えた。8回から二保が救援した。

 巨人のエース菅野も6回2安打無失点。息詰まる投手戦を演じた。千賀は「今日は、前回よりもバランス良く投げる事ができた。ツーシームを多く使うこともでき、バッターの反応も確認できました。7回無失点という結果は満足していますが、開幕まで残り2週間、もっと状態が良くなるようにしっかり調整していきたい」とコメントした。

(Full-Count編集部)