エースの仕事に工藤監督大絶賛 7回無失点の鷹・千賀に「いい調整してくれている」

2019-03-14 21:19 「Full-Count」藤浦一都
福岡ソフトバンク・工藤公康監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンク・工藤公康監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

左手首の骨挫傷との診断を受けた内川については「軽傷だとは思うけど…」

■巨人 4-3 福岡ソフトバンク(オープン戦・14日・ヤフオクドーム)

 福岡ソフトバンクの千賀滉大投手が14日、巨人とのオープン戦(ヤフオクドーム)に先発。7回を投げ、被安打1無四球無失点の好投を見せた。

 千賀は6回まで1人の走者も許さない完璧な投球。7回2死からこの日初めてのヒットを許したが、“甲斐キャノン”が炸裂し、盗塁を阻止。千賀は8つの三振を奪うなど、88球でマウンドを降りた。

 開幕投手の順調な調整ぶりに、工藤公康監督も大満足だ。「素晴らしかったですね。ボールの力もあったし、変化球のコントロールも低めのまっすぐも良かった。途中でランナーがいなくてもクイックの練習をしていたし、本当にいい調整してくれている」と賛辞を送った。

 一方、千賀が降板した8回は二保旭投手、嘉弥真新也投手、川原弘之投手といった中継ぎ候補が乱調。1イニングで5つの四球を与えたうえに、捕逸あり、暴投あり、2ランスクイズあり、とミスが続き、1安打で4点を失った。

 工藤監督も「オープン戦でよかったというところ。無駄な四球は得点になるし、ケースによってはツーランスクイズもあるんだと、頭に入ったんじゃないかな。これをいい経験にしてくれたらと思います」と語るしかなかった。

 また、この日の試合前に左手首の骨挫傷との診断を受けた内川聖一内野手については「しばらく様子を見ます。東京の遠征にも連れていかずに調整してもらって、(東京遠征から)帰ってきてから話をして(今後のことを)決めたいと思います」とした。「軽症だとは思うけど、帰ってきてから感じを聞かないと。その間に『走ってくれよ』と話はしました」と語った。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)