大砲並び立つオリックス打線 広島投手陣を打ち破るか

2019-03-16 09:30 「パ・リーグ インサイト」編集部
オリックスの新外国人・メネセス選手

オリックスの新外国人・メネセス選手

 3月16日、13時よりマツダスタジアムで広島とオリックスのオープン戦が行われる。オープン戦5勝3敗1分、3位タイのオリックス。14日の広島戦は逆転負けを喫したが、吉田正選手に1号弾が飛び出すなど、12球団トップのチーム打率.288を記録している。オープン戦6勝1敗1分と好調なセ・リーグ王者から、開幕に向けて弾みがつく勝利を挙げられるか、見どころを紹介する。

【昨季交流戦対戦成績】
広島→0勝3敗、オリックス→3勝0敗

 オリックスは新外国人のメネセス選手が、出場したオープン戦5試合全てで安打を放つなど、12打数7安打の打率.583と好成績をたたき出している。14日の広島戦では2安打を記録。特に初回は安打で出塁すると、続く吉田正選手が本塁打を放つというチームにとって理想的な攻撃を展開した。16日の試合もメネセス選手が広島投手陣に圧をかけ、存在感を見せつけるか。