投打ともに仕上がりを見せている福岡ソフトバンク。外国人枠争いに注目

2019-03-17 09:32 「パ・リーグ インサイト」編集部
福岡ソフトバンク・グラシアル選手

福岡ソフトバンク・グラシアル選手

 3月17日、神宮で東京ヤクルトと福岡ソフトバンクのオープン戦が行われる。福岡ソフトバンクは16日の横浜DeNA戦で投手陣が見事な継投を見せ、4対1で勝利した。ここまで6勝3敗で3位に付けているが、このまま好調を維持してシーズンを迎えられるか。見どころを紹介していく。

【昨季交流戦対戦成績】
東京ヤクルト→2勝1敗、福岡ソフトバンク→1勝2敗

 福岡ソフトバンクではグラシアル選手に注目したい。16日の試合では第2打席に横浜DeNA・上茶谷大河投手から2号3ランを放った。オープン戦の打率.364と、激化する外国人争いの中で頭一つ抜けた活躍を見せているグラシアル選手。その打棒と複数ポジションを守れる器用さを武器にアピールを続け、開幕スタメンを勝ち取れるか。