【ファーム】三木亮選手が3安打1打点。千葉ロッテが完封リレーで開幕2連勝

2019-03-17 16:31 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】マリーンズ・南 復活へ1回無失点の好投!! 2019/3/17 M-L(ファーム)

 3月17日、浦和球場で行われた千葉ロッテと埼玉西武のファーム公式戦2回戦は、序盤のリードを完封リレーで守った千葉ロッテが、5対0で勝利した。

 試合は初回から動く。千葉ロッテは1回裏、埼玉西武の先発・高木勇投手から四球と安打で好機を作り、昨日適時打を放っている4番・安田尚憲選手が今日も適時打。幸先よく1点を先制する。

 以降は、千葉ロッテ・土肥星也投手、埼玉西武・高木勇投手の両先発が好投し、迎えた5回裏の千葉ロッテの攻撃。1死から育成選手の9番・茶谷健太選手が安打で出塁し、続く三木亮選手が三塁線を破る適時二塁打を放って追加点を取ると、8回裏にも、3番・菅野剛士選手の2点適時二塁打などで3点を追加しダメ押し。9回表は、永野将司投手が3者凡退に抑え、5対0で千葉ロッテが勝利した。 

 勝利した千葉ロッテ先発・土肥投手は、安打や味方の失策などで走者を出すものの、2つの併殺など打たせて取るピッチングで要所を締め、6回無失点の好投を見せた。また、難病・黄色靭帯骨化症から復活を目指す南昌輝投手が2番手として登板。1イニングを3者凡退に抑え順調な回復ぶりを披露した。

 一矢報いたい埼玉西武打線だったが、千葉ロッテの継投策に散発5安打に封じ込まれ、完封負けを喫した。なお、2番手としてルーキー・粟津凱士投手が登板。独特なサイドハンドで2回無失点に抑えアピールした。

◇ファームの中継もパーソル パ・リーグTVで
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/