「佑樹ごめんなさい」栗山監督、斎藤佑に謝罪 最長で3回に「投げさせてあげたいけど…」

2019-03-18 16:25 「Full-Count」編集部
アスレチックス戦に先発した北海道日本ハム・斎藤佑樹※写真提供:Full-Count(写真:AP)

アスレチックス戦に先発した北海道日本ハム・斎藤佑樹※写真提供:Full-Count(写真:AP)

アスレチックス戦は2回1失点「ずっと抑えてくれている」

 北海道日本ハムの斎藤佑樹投手が18日、東京ドームで行われたアスレチックスとの「2019 MGM MLB 日本開幕戦 プレシーズンゲーム」に先発した。開幕ローテ入りを目指す30歳の右腕は、2回先頭のピスコッティにソロ本塁打を浴び、2回を投げて1安打1失点でマウンドを降りた。

 大きな拍手に包まれてマウンドに上がった斎藤佑。まず、先頭グロスマンは遊直に打ち取った。続くチャップマンには四球を与えたが、3番のオルソンはハーフスイングを誘って空振り三振に。最後は昨季48発の本塁打王デービスを高め真っ直ぐで中飛に打ち取り、初回は無失点に抑えた。

 2回は先頭のピスコッティに、2ボール1ストライクからの4球目、134キロの真っ直ぐが甘くなったところを痛打されて左翼スタンド中段へのソロ本塁打を被弾。プロファーを右飛に打ち取った後、セミエンに四球を与えたが、ラウレアーノを中飛、フェグリーを捕ゴロに打ち取り、最少失点に抑え、マウンドを降りた。

 実戦4試合目でここまで好投を続けている斎藤佑。試合後の会見で栗山英樹監督は「ずっとゼロで抑えてくれている。本人も言っていましたけど、甲子園のときもそうだし、選手たちが活躍するときというのはいい意味で楽しそうな雰囲気が感じられる。それをすごく感じられているので、イニングとか意識せずにシーズンに向かっていってほしい」と評価した。

 さらに、指揮官が「佑樹、ごめんなさい」と斎藤佑に謝罪する場面も。これまで実戦4試合に登板しながら、最長のイニングが3イニング、この日も2イニングに留まっていることについて問われた時だった。栗山監督は「本当は長く投げさせてあげたいんだけど、ちょっとファームと2つに分かれて試合をしていて。イニング数をこなさないといけない人がいっぱいいて。佑樹ごめん」と、チーム事情によって長いイニングを投げさせられていない現状を詫びた。

 これに対して、斎藤佑は「僕は監督にたくさんチャンスをいただいていると思ってますし、与えられたポジションでしっかり投げることが大事と思っている。先発で長く投げるとき、中継ぎで短いとき、1人で終わるときもあると思うんですけど、全部目の前のバッターを抑えることだけに集中して、あとの起用法は監督に任せます」と答えていた。

(Full-Count編集部)