千葉ロッテ井口監督、先制ソロを含む2安打の加藤を高評価「必死さが出てる」

2019-03-20 17:48 「Full-Count」岩国誠
千葉ロッテ・井口資仁監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

千葉ロッテ・井口資仁監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

ブランドンの先発枠入りへ「ローテでいけると思います」

■埼玉西武 3-1 千葉ロッテ(オープン戦・20日・メットライフ)

 千葉ロッテは20日、埼玉西武とのオープン戦(メットライフ)を行い、1-3で敗れた。

 前日19日、埼玉西武打線のお株を奪うような猛攻でオープン戦の連敗を止めた千葉ロッテ。埼玉西武先発・高橋光成の前に7回4安打1失点に抑えられるなど打線が沈黙したが、ここ3試合「2番・右翼」でスタメン起用が続いている加藤翔平が開幕スタメンへアピールした。初回にOP戦1号ソロを含む2安打と活躍。前日の3安打に引き続き2試合連続のマルチ安打を記録した。井口監督も「このところ調子が良いね。必死さが出ている。今、外野手では角中と(加藤)翔平が調子が良い。翔平はいろいろできる。足もあるので、しっかりアピールしてもらえれば」と、生き残りをかけアピールを続ける6年目のスイッチヒッターの活躍を評価した。

 オープン戦初先発となったブランドン・マンは4回70球2失点。失点は埼玉西武8番木村文紀のソロと併殺崩れによるものだった。井口監督は「ランナーは出していましたけど、要所ではしっかり押さえてくれていた。三振も取れていましたし、ローテーションで行けるとおもいます」と、今年日本球界に復帰した助っ人左腕の先発ローテーション入りを示唆した。

 オープン戦は残り3試合だが、明日21日は本拠地ZOZOマリンスタジアムに戻っての阪神戦。今季オープン戦未勝利の本拠地で、ファンに勝利を届けるか。開幕投手・石川歩の投球と、ここ2試合安打が出ている4番井上晴哉の打撃に注目したい。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)