東北楽天が逆転勝利!浅村栄斗のOP戦1号&松井裕樹らリリーフ陣の好投光る

2019-03-21 18:51 「パ・リーグ インサイト」編集部

 3月21日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクと東北楽天のオープン戦は、6対4で東北楽天が勝利した。東北楽天は初回いきなり4点を失うも、3本塁打を放ち逆転勝利を収めた。
 
 試合は初回から動く。福岡ソフトバンクは1回裏、2番・今宮選手が左翼席に2ランを放ち、早くも先制に成功する。さらに5番・デスパイネ選手も左中間へ豪快な2ランを叩き込み、この回一挙4得点。東北楽天のルーキー左腕・弓削隼人投手に、プロの洗礼を浴びせた。

 しかし4回表に、先発・武田投手が浅村選手に右中間へのソロ本塁打を浴び1点を返される。さらに5回表、武田投手はマウンドに登り投球練習を行なったものの、右足の違和感のため打者への投球をせずに交代。降板後、「体のメンテナンスをしっかりして、次の登板に備えたい」とのコメントを発表した。

 3点を追う東北楽天は6回表、2つの四球でチャンスを作ると、ウィーラー選手が3ランを放ち同点に。さらに7回表には、嶋基宏選手にソロ本塁打が飛び出した。福岡ソフトバンク・中田賢一投手からの2本塁打で勝ち越しに成功する。

 攻撃の手を緩めない東北楽天は、8回表に甲斐野央投手からの3連打で1点を追加。一方の投手陣も、初回以降は無失点の投球を続けて打線に応える。2点差の最終回には高梨雄平投手がマウンドに登り、3者凡退で危なげなく試合を締めくくった。

 福岡ソフトバンクと東北楽天のオープン戦は、6対4で東北楽天が勝利。東北楽天はハーマン投手、松井裕樹投手ら計6人のリリーフ陣による無失点リレーが光った。両軍合わせて5本塁打が飛び出す空中戦となったが、福岡ソフトバンクは初回以降得点を奪えなかった。