【ファーム】海老原一佳選手が3打席連続打点の大活躍! 北海道日本ハムが快勝

2019-03-23 16:04 「パ・リーグ インサイト」編集部

 3月23日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと東北楽天のイースタン・リーグ公式戦は、6対1で北海道日本ハムが勝利。育成の海老原一佳選手がプロ初アーチを含む3安打3打点と大活躍し、チームの勝利に大きく貢献している。

 試合は序盤からいきなり動く。1回裏、北海道日本ハムはこの日のトップバッターに起用された姫野優也選手が、鈴木翔天投手から初回先頭打者本塁打を放って1点を先制。しかし、東北楽天も直後の2回表に、フェルナンド選手が柿木蓮投手から2試合連続となるソロ本塁打を放ち、すぐさま同点に追いついた。

 3回裏、北海道日本ハムは1死満塁で海老原選手がピッチャー強襲の適時打を放って1点を勝ち越すと、さらに2死満塁から平沼翔太選手の2点適時打も飛び出し、リードを3点に広げた。海老原選手は5回裏にプロ初アーチとなる特大のソロ本塁打を飛ばすと、7回にも適時打を放って3打席連続で打点を記録。着々と点差を広げていった北海道日本ハムがそのまま継投で逃げ切り、6対1で勝利を飾っている。

 北海道日本ハムは先発の高卒ルーキー・柿木投手が2回1失点、2番手の斎藤佑樹投手が2イニングを無失点と、甲子園優勝投手同士のリレーが実現。打撃では初回先頭打者弾を放った姫野選手と、4打数3安打3打点1本塁打と活躍した海老原選手の奮闘が光った。敗れた東北楽天はフェルナンド選手が2試合連続アーチで打撃好調をアピールしたが、先発したルーキー左腕の鈴木投手が5回5失点と試合を作れなかった。

◇ファームの中継もパーソル パ・リーグTVで
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/