鷹ミランダ「積極的に投げられた」5回2失点好投、開幕2戦目濃厚

2019-03-23 16:06 「Full-Count」藤浦一都
福岡ソフトバンクのアリエル・ミランダ※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンクのアリエル・ミランダ※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

初回、2回と先頭への四死球から失点したが、3回以降は修正

■福岡ソフトバンク – 広島(オープン戦・23日・ヤフオクドーム)

 福岡ソフトバンクのアリエル・ミランダ投手が23日、本拠地ヤフオクドームで行われた広島とのオープン戦(ヤフオクドーム)に先発し、5回83球を投げて2失点にまとめた。

 ミランダは初回に先頭への四球から、そして2回にも先頭への死球からピンチを招いて失点。2回までに2点を失ったものの、3回から5回までは無失点に抑えて5回2失点でマウンドを降りた。

「初回はちょっとアバウトなところがあったが、終盤は修正はできた」と助っ人左腕。初回と2回は「(身体の)開きがあった」といい、それを修正することで「積極的に投げることができた」と振り返った。埼玉西武との開幕2戦目での先発が濃厚だが、「2戦目と言われたらしっかりと準備をしていきたい」とだけ話していた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)