プロ野球チアの可能性を広げ続ける「BsGirls」。2018年も華麗に球界を盛り上げる

2018-01-21 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

昨年の12月14日、オリックスの公式ダンス&ヴォーカルユニット「BsGirls」のPerformer、HONOMI、MOE、MIKU、RAY、LISAの5人の卒業が発表され、1月14日、「BsGirls2017 FINAL LIVE」が大盛況のまま幕を閉じた。

そもそも「BsGirls」とは何か。プロ野球の12球団はそれぞれ公式チアリーディングチームを擁しているが、オリックスが誇る「BsGirls」は、エイベックスとのコラボレーションから生まれた球界初の「ダンス&ヴォーカルユニット」である。彼女たちは公式戦開催日、特設ステージやグラウンドでダンス、オリジナル楽曲を披露する傍ら、結成年から毎年シングルを発表。高いプロ意識、クールなビジュアル、ハイクオリティなパフォーマンスなどが球団の垣根を超えて支持を集め、数多くのワンマンライブも成功させてきた。

もともとオリックスには「Bs Dreams」というチアリーディングチームがあり、「BsGirls」はそれを母体として2014年に誕生した。結成初年度のオリックスのスローガンは「さらに、ひとつになろう」。この「ひとつになる」をコンセプトに、「BsGirls」は球場やテレビの前のファンが持っていないポンポンではなく、公式グッズのタオルやフラッグを使ったダンス、ボーカルパフォーマンスを実施する。たちまち人気を博し、そしてその年、オリックスは6年ぶりのAクラス入り。彼女たちはまさに勝利の女神として、チームの躍進に貢献した。

「BsGirls」のメンバーは、オリックスとエイベックスの合同オーディションによって選ばれる。「カッコイイ」をコンセプトとしており、昨年の倍率は何と100倍以上。現役メンバーも毎年オーディションを受け直して活動を続けている。

そして今回、5人のPerformerが「BsGirls」を卒業することとなった。彼女たちが「BsGirls」として活動するのは、1月27日、28日に京セラドーム大阪で行われるサイン会が最後だ。しかし、オリックスに対する熱い想いはきっと変わらないだろう。結成5年目を迎える「BsGirls 2018」はどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。その歌と力強いダンスでファンとチームがひとつになり、最高の結果を呼び込んでくれることを期待している。