先発の武隈祥太投手は5回3失点 埼玉西武が投打かみ合わずオープン戦負け越し

2019-03-24 16:32 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/24 ライオンズ対ベイスターズ ダイジェスト

 3月24日、メットライフドームで行われた埼玉西武と横浜DeNAのオープン戦最終戦は、1対6で埼玉西武が敗戦。投手陣が粘れず、打線も4安打に終わった。埼玉西武のオープン戦は6勝8敗1分という成績となった。

 試合は初回から動いた。1回表、埼玉西武の先発・武隈祥太投手は、先頭の楠本泰史選手に四球を与えると、3番・宮崎選手と続く筒香選手の連打で先制を許す。さらに5番・ロペス選手の遊ゴロの間に1点を追加され、スコアは0対2となった。

 2回以降は立て直した武隈投手だったが、5回表には守備の乱れもあってピンチを招くと、遊ゴロの間に1点を追加され、0対3とリードを広げられてしまう。

 反撃したい埼玉西武は直後の5回裏、横浜DeNAの先発・井納翔一投手からチャンスを作ると、9番・木村文紀選手の中前適時打で1点を返すが、横浜DeNA打線の勢いを止めることができない。

 6回表、埼玉西武の2番手・大石達也投手が安打と四球などでピンチを招き、柴田竜拓選手に2点適時打を浴びる。続く桑原選手に四球を与えたところで大石投手は降板したが、3番手・小川龍也投手も楠本選手、中井大介選手に連打され、試合中盤で1対6とさらに突き放されてしまった。

 5点を追う埼玉西武は、8回裏に1死1,3塁のチャンスを作ったものの、反撃ならず。9回は横浜DeNAの国吉佑樹投手に3者凡退に抑え込まれて試合終了。そのまま1対6で敗戦した。打線は4安打1得点と元気なし。投手陣は、7回から投げた田村伊知郎投手、齊藤大将投手、増田投手、ヒース投手が無失点に抑えたが、6回に失った3点が重く響いた。