【ファーム】東北楽天が快勝。先発・釜田佳直投手が6回無安打無失点

2019-03-24 16:57 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】イーグルス・岩見 低めのボールを技ありHR!! 2019/3/24 F-E(ファーム)

 3月24日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと東北楽天のイースタン・リーグ公式戦は、8対2で東北楽天が勝利した。7回まで北海道日本ハムを無安打に抑えた投手陣に打線がしっかりと応えた。

 試合が動いたのは5回表。東北楽天は先頭のフェルナンド選手、続く太田光選手が北海道日本ハムの先発・バーベイト投手から連打を放ち、ヒメネス選手への死球もあり無死満塁のチャンスを作ると、1番・山崎剛選手の左前適時打で先制する。さらに続く西巻賢二選手の三ゴロの間に1点を追加し、2対0とする。

 6回表にも東北楽天打線が爆発。4番・岩見雅紀選手のソロ本塁打に始まり、山田大樹選手、フェルナンド選手の連打でつなぐと、野選で1点を追加。なおもヒメネス選手、石原彪選手、山崎剛選手の連続適時打でこの回計6得点。8対0と北海道日本ハムを突き放した。

 反撃したい北海道日本ハムは9回裏、渡邉諒選手の中前打や岸里亮佑選手の四球でチャンスを作ると、8回裏にプロ初安打を記録したルーキー・田宮裕涼選手が、左翼の頭上を越す2点適時打でプロ初打点を記録するも、反撃はここまで。 

 北海道日本ハムと東北楽天のイースタン・リーグ公式戦は、8対2で東北楽天が勝利。先発・釜田佳直投手は、6回を投げ無安打無失点の快投。2番手・西宮悠介投手も1イニングを無安打に抑えた。敗れた北海道日本ハムはルーキー・田宮裕涼選手がプロ初安打・初打点を記録したが、投手陣が崩れた。

◇ファームの中継もパーソル パ・リーグTVで
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/