【ファーム】投打が噛み合った千葉ロッテが勝利。5勝1敗で首位の座をキープ

2019-03-26 15:58 「パ・リーグ インサイト」編集部

 3月26日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと北海道日本ハムのイースタン・リーグ公式戦第1回戦は、投打が噛み合った千葉ロッテが5対3で勝利。先発した涌井秀章投手は5回無失点と開幕に向け、順調な仕上がりを見せた。

 試合が動いたのは2回裏、2死から8番・茶谷健太選手が安打で出塁すると、続く江村直也選手が左翼スタンドに2ランを放ち、千葉ロッテが先制に成功する。

 千葉ロッテの先発・涌井投手は、5回まで被安打2、無失点とさすがの投球を披露。打線も5回裏に香月一也選手の適時打で1点を追加し、3対0で千葉ロッテリードのまま試合は後半へ。

 北海道日本ハムは先発・加藤貴之投手に代わって吉田輝星投手が6回裏から登板し、1イニングを無失点に抑えると、7回表、5番・海老原一佳選手が2ランを放ち1点差に詰め寄る。なおも2死1,2塁と千葉ロッテの3番手・東妻勇輔投手を攻め立てるが、4番手として緊急登板した成田翔投手の前に追加点は挙げられず。

 千葉ロッテは7回裏に安田尚憲選手の適時打で1点を追加すると、8回表、北海道日本ハムも森山恵佑選手の適時三塁打で1点を返すも、反撃はここまで。千葉ロッテは8回裏に茶谷選手のソロでさらに追加点を挙げると、9回表を永野将司投手が3者凡退で締めて試合終了。

 千葉ロッテは5得点と打線がつながり、投手陣も最少失点に抑える投球でリードを守り切った。北海道日本ハムは先発した加藤投手が5回3失点、救援陣も失点を重ね、打線も援護しきれず敗戦を喫した。

◇ファームの中継もパーソル パ・リーグTVで
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/